2021年09月23日

モテる男の秋酒!秋に発売される日本酒について学ぼう!

Writer

岸本 祐介
お酒をこよなく愛する三十路間近の徳島人。好きな飲み方は「安い居酒屋でグダグダ飲む」、好きな言葉は「おあいそ」。特集企画を通して日本酒勉強中!

日本酒について、お酒の先生に教えてもらう特集!今回のテーマは「モテる男の秋酒!」

秋の日本酒としてすっかり定着した「ひやおろし」「秋あがり」「秋酒」について先生に色々教えてもらいましょう!

人肌恋しくなる冬までに吉報を届けられるか?!乞うご期待!

岸本

アサノ先生!今日もよろしくお願いします。日本酒の基礎知識からはじまり、夏酒、古酒や熟成酒と学び、今回のテーマは秋の日本酒ですね。

アサノさん

今日もよろしくね!モテる家飲みの反響が良かったみたいだね!

岸本

はい!ただ、実生活ではまったく進展がないので、今回の「秋酒特集」でもう一皮むけますよ!

四季を感じながら日本酒を楽しもう

アサノさん

つい最近「夏酒」飲んだかと思ったら、もう世の中は秋のお酒が出てきたわよ!秋の日本酒「ひやおろし」「秋あがり」って聞いたことある?

岸本

なんとなく聞いたことがあるような、ないような、、、

秋の日本酒って何ですか?

日本酒_秋

前回の「夏酒」に定義や解禁日が公式に無かったように、秋の日本酒もフランスのボージョレ・ヌーヴォーのような厳密なルールはないようです。今回はそんな「秋の日本酒」についてアサノ先生に教えてもらいましょう!

アサノさん

秋の日本酒は、「ひやおろし」をはじめ、「秋あがり」「秋酒」と呼ばれたりします。豊穣の秋の味覚にふさわしい「コク深いタイプ」とか、紅葉が描かれた「秋らしいラベル」とかそんな感じに分けられるかもね。

岸本

なるほど!旬の食べ物のように、秋らしい日本酒ってことですね!

今回は事前に岸本が「ひやおろし」、編集部の本間さんが「秋あがり」、アサノ先生が「秋らしい日本酒」を選んで、ぞれぞれおつまみも持ち寄ることにしました!

日本酒_秋

3人が選んだ秋の日本酒

ひやおろしって?

日本酒_秋_ひやおろし

まずは秋の日本酒「ひやおろし」について勉強していきましょう!

岸本

秋の日本酒「ひやおろし」と「秋あがり」は呼び名の違いでしょうか…??

アサノさん

「ひやおろし」って「秋あがり」と呼ばれることもあるけど、厳密に言うとちょっと違います。「秋あがり」は秋に酒質が上がっていたり、味がのってきた日本酒で旨味が深まってる感じね!

ちなみに味が落ちたのは「秋落ち」と表現するようです。

アサノさん

「ひやおろし」を知るポイントは、1年を通して日本酒がどのように造られていくか、特に「寒造り」「火入れ」を知るといいわよ!

日本酒造りの1年を学ぶとだんだんわかってきた!

日本酒_秋
↑アサノ先生の日本酒ナビゲーター講座で使用しているテキスト。第1回目でも使用。

日本酒造りの1年は、初夏の5月~6月ごろに田植えをして、秋のだいたい9月~11月にかけて新米を収穫し、精米して仕込み始めます。

アサノさん

「寒造り」という名前の通り、冬のだいたい12月~3月の寒い時期が仕込みのピークで、しぼったお酒は「新酒」とか「しぼりたて」として出荷することも。ここでポイント!

ひやおろしで知っておきたいポイント1

この頃に、秋に発売する「ひやおろし」は一度火入れ(加熱殺菌)して熟成させます。

ひやおろしで知っておきたいポイント2

夏を超えて、外の気温と貯蔵庫の温度が同じくらいになった秋に、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま秋に出荷される、つまり「卸す」だから「ひやおろし」

アサノさん

1つ目のポイントの「火入れ」だけど、無濾過生原酒の説明で出てきた「生酒」って覚えてる???

岸本

え…!?はい!覚えてます!火入れを一切していない日本酒でしたよね?

アサノさん

そう!よく覚えてたね!実は「火入れ」っていくつかの種類があるんです。

※日本酒初心者必見の記事はこちらから!

お酒が大好きでほぼ毎日飲んでいますが、日本酒だけはどれを飲めば良いのかさっぱり検討がつきません。。いつも決まって飲むのはウーロンハイ、レモンサワー、ハイボール! 30歳を目前に控え「いいお酒を楽しむ」ことを覚えたい・・・。特に日本酒について知りたい・・! 岸本 そうだ!日本酒の先生に話を聞いてみよう!! ということで、日本酒初心者向け日本酒の楽しみ方や、正しい飲み方を教えるアサノノリエさんに突撃!先生!日本酒について手取り足取り教えて下さい! 岸本 日本酒=いいお酒はカッコいい大人がおちょこでキュ!っと味わい飲む姿(ずばり渡哲也さんですね!)を勝手に想像して言っています。 日本酒の先生!アサノノリエさん アサノノリエさん にほんのもの応援社「和altz(わるつ)」代表。ソムリエとして活躍しお酒に関する様々な資格を取得。女性、外国人、若者、日本酒ビギナーをターゲットに日本酒文化を伝える活動を…

火入れ(加熱処理)にはいくつか種類があるらしいぞ!

日本酒_秋

一般的な日本酒は、熟成前と出荷前に火入れを2回してから出荷されます。「生」と名称が付く日本酒の種類は3つあります。

3種類の「生」が付く日本酒

「生」が付く日本酒

「生酒」は冷蔵保管してね!

アサノさん

「生」とラベルに書いてある日本酒は3種類あるんだけど、まず1つ目の「生酒」は、一度も火入れをしない一番フレッシュな日本酒ね。以前、牛乳みたいに絶対要冷蔵してねって教えたでしょ?

岸本

はい、覚えてます。僕も買った生酒は、冷蔵保管して美味しく頂きました。

「生貯蔵酒」は「なまちょ」で覚えよう!

アサノさん

「生貯蔵酒」は火入れしない生のままで貯蔵して、出荷前に1回火入れをするお酒。略して「生貯(なまちょ)」なんて呼ばれたり、結構流通してると思うわ。

岸本

「生貯(なまちょ)」も冷蔵保管がおすすめでしょうか?

アサノさん

そうね!1度火入れしてあるぶん生酒よりは強いけど、それでも冷蔵庫で保管してほしいな。

ひやおろしは「生詰め」だよ!

アサノさん

「ひやおろし」はしぼったら貯蔵前に火入れを1回だけして、夏は寝かして秋の出荷する前の火入れはしない「生詰め」になるの。

岸本

「ひやおろし」のポイントは、火入れ&貯蔵の「生詰め」出荷するタイミングですね!

秋の日本酒の楽しみ方を学びましょう!

秋の日本酒

「ひやおろし」「秋あがり」の秋から冬にかけて販売されるお酒にも実は段階があるらしい!

それもそのはず、「秋」といっても夏の終わりから冬の訪れまで、気候が変化しやすく食材の旬も変化していきます。

食べ物の「走り」「旬」「名残り」と一緒に、日本酒の深みの差を感じてみよう!

秋の日本酒を旬で楽しもう!

秋の日本酒第1弾「走り」

秋の日本酒_走り

アサノさん

夏を越したばかりの「ひやおろし」は秋の到来を感じさせてくれる、まさに「走り」!まだまだフレッシュさを残しているものもあるので、ぜひとも「走り」の食材と合わせて秋が来た~!って楽しんでほしいな。

岸本

今日の企画も9月初旬ということもあって、まだまだ残暑を感じますね。そうすると今の時期は秋の日本酒でも「走り」の時期ということですね!

アサノさん

そうだね!暑さの残る9月にはフレッシュ感も残す味わいのお酒が美味しいし、ちょっと涼しくなってきた頃だから「夏越し酒(なごしざけ)」とも呼ぶものもあるの。

日本酒_秋_鮭

夏越し酒と合わせたい!秋の訪れを感じる食材「鮭」

鮭のおつまみレシピはこちらをチェック

お家にいる時間が増えている今、料理を始めた人はたくさんいるのではないでしょうか。 初心者の方や若い方はついついお肉料理を選びがちですが、実は魚料理も意外と簡単にできちゃうんですよ!! そこで、今回は『鮭(サケ)』を使った簡単なおつまみを2つご紹介いたします。 「酒にはやっぱり鮭でしょ!」と叫びたくなるようなおつまみですので、ぜひご自宅でお試しください。 包んで焼くだけ!!簡単「鮭のホイル焼き」 ホイルに包んでフライパンで蒸し焼きしよう 【材料 1人分】 生鮭 1切れ 玉ねぎ 1/4個 人参 1/4本 しめじ 1/4株 大葉 1枚 塩コショウ 少々 サラダ油 少々 バター 10g ポン酢 適量 この手順でやればまちがいなし ①生鮭に塩コショウを両面に軽く振う。 ②玉ねぎはうすぎり、人参は細切り、しめじは石づきを切り落とす。 ③大葉は千切りにしておく。 ④ホイルにサラダ油を薄く引き、玉ねぎ・人…

秋の日本酒第2弾「旬」

秋の日本酒_旬

秋真っ盛りの10月に入ってくると、いよいよ秋が旬の食材がスーパーに並び始めます。

アサノさん

この時期に出荷されるお酒は「秋出し一番酒(あきだしいちばんざけ)」と呼ばれたり、ハロウィンのラベルも出てくるようになるのよ!

岸本

僕が想像していた秋はこの時期ですね!お月さまを眺めながらお猪口でキュッと!最高ですね!

アサノさん

秋の夜長に「月見酒」ね。いいじゃない!それと10月1日は「日本酒の日」に制定されてるのよ。当日はおもしろいイベントが盛りだくさんだから岸本さんも参加してね!

秋の日本酒の勉強

日本酒で乾杯イベントについてはこちらから!

待ちに待った食欲の秋!この時期の食材って本当に美味しいですよね。食べ物だけでなく、秋の日本酒「ひやおろしや」、ワインの「ボジョレヌーボー」も待ち遠しい…。 そ・し・て、10月1日は「日本酒の日」。日本酒の美味しさや乾杯の楽しさを体感するイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2021」が開催されます。 その前後の9月25日(土)~10月3日(日)の9日間も「日本酒で乾杯 WEEK」として、全国各地のイベントに参加することができますよ。 今回はイベントの内容や記念日について解説。全国一斉に日本酒で乾杯しましょう!! なぜ?10月1日が日本酒の日? そもそも10月1日がなぜ「日本酒の日」なのでしょうか…?? お酒づくりをスタートする時期が関係 10月といえば新米を収穫し、酒蔵が酒づくりを始める季節です。以前は、酒づくりの季節が10月から翌年9月の区切りとなっており、それに合わせて酒造年度は「10月1…

日本酒_秋_きのこ

秋出し一番酒と合わせたい「キノコ料理」

秋の日本酒第3弾「名残」

秋の日本酒_名残

11月ごろになると秋が深まり冬の訪れを感じる季節になってきます。

アサノさん

秋の終わりには「晩秋旨酒(ばんしゅううまざけ)」って呼ばれるものが出てきたりするのよ。

岸本

晩秋か…冬の足音が聞こえてくる時期ですね。人肌が恋しくなる季節になってきますね…

アサノさん

そうそう(笑)。冬頃からは 「寒おろし」とも呼んだり、まさに季節の移り変わりと共に味わいも深まり、完熟と呼べるようなまろやかで深みのある味わいになるのよ!

この頃になると同じ秋酒でも季節の違いを感じられるようになります。季節的にも味わい的にもお燗が美味しいです。お鍋やおでんと一緒に楽しみたいですね!

日本酒_秋_おでん

晩秋旨酒と合わせたい「おでんやお鍋」

アサノさん

秋の日本酒といっても、それぞれの段階や季節によっての楽しみ方が色々あるわね!

岸本

四季を感じられる日本にいるって恵まれた環境ですね。旬の食材に合わせてお酒をチョイス出来たらめちゃくちゃカッコイイです!

アサノさん

そうそう!なかなか外で四季を感じることのできない日々だけど、季節に合わせた日本酒をチョイスして、お料理や酒器、温度と合わせたら、絶対モテる!試してみてね!

岸本

はい!今年の冬こそ!!ハッピーな一年で締められそうな気がしてきました。よしっ!事前学習はこれにて終了。次回は秋の日本酒テイスティング編。お楽しみに!

最後に「アサノ先生情報」

岸本

アサノ先生の講座やイベント情報は公式サイトやSNSへ!

公式サイトとSNS
【WEB】https://norieasano.theblog.me/
【Instagram】@viva.nonno/
【Twitter】@unbeerable

Writer

岸本 祐介
お酒をこよなく愛する三十路間近の徳島人。好きな飲み方は「安い居酒屋でグダグダ飲む」、好きな言葉は「おあいそ」。特集企画を通して日本酒勉強中!


RANKING

人気の記事

人気の記事