キャンプでの熱燗の作り方!簡単にできる方法とキャンプレシピの紹介。

ぐっと冷え込む秋冬キャンプの夜には、温かい料理やおつまみと一緒に、熱燗を飲んで体の中から温まるのが一番。寒い季節だからこそ楽しめる、秋冬キャンプの醍醐味です。

今回は、キャンプでできる美味しい熱燗の作り方や便利グッズ、熱燗におすすめの日本酒をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 キャンプでの熱燗の作り方

お酒を温めるのに便利なグッズや熱燗の温め方をご紹介します。

温めるのに便利な道具

通常熱燗を作るには「お湯を沸かす鍋」「徳利」「お猪口」が必要ですが、壊れやすい素材の食器は、キャンプに持っていきにくいですよね。そこでここでは丈夫な素材で、かつ手軽に使える道具をご紹介していきます。

酒たんぽ

1つ目は酒たんぽ。別名「ちろり」と呼ばれる日本酒を湯煎するための容器です。割れる心配がないので管理がラクで気軽に使えますよ。

また、酒たんぽを使うことで、まわりのお湯から熱が伝わり、お酒がゆっくりと加熱されるので、日本酒の芳醇な香りを逃がすことなく熱燗を作ることができます。

2つ目は鍋です。キャンプでほかの料理を作るのにも使えるので、荷物を増やす心配がありません。
また、鍋は日本酒を直接入れるだけで熱燗を作れるので一番簡単な方法といえます。

しかし鍋は熱伝導がよすぎて熱燗が熱くなりすぎます。熱くなりすぎるとせっかくの日本酒の香りと風味が飛んでいってしまうので、温度調整の注意が必要です。
そのため気楽に美味しい熱燗を作りたいなら、酒たんぽを使うことをおすすめします。

熱燗の温め方

お酒を温める方法をご紹介します。

バーナーを使う方法

バーナーは、カセットガスをカチッとセットするだけで使える手軽さなので、キャンプに慣れていない方にもおすすめ。何度も火をつけなおしたりする時や、火加減の安定さを求める時にも便利な方法です。

焚火台を使う方法

焚火台は火の粉が飛びにくいよう設計されているため、場所を選ばず安全に焚き火を楽しむことができます。また、燃えカスや灰の後片付けも簡単です。

焚き火を眺めながら熱燗を飲むのも、最高のシチュエーション。バーナーよりも面倒ですが、アウトドアの醍醐味なのでぜひ試してみてください。

湯煎する方法

直接鍋にお酒を入れると風味やアルコールが飛んでしまいますが、湯煎であれば、日本酒の温度が一気に上がってしまうのを防げるので、美味しく熱燗を楽しめます。

ただし、陶器の徳利を鍋に入れて温めると割れてしまう可能性があるので、耐熱性のある容器を使うようにしましょう。先ほどご紹介した酒たんぽなどがおすすめです。

▼熱燗やぬる燗についての記事はこちらから
熱燗とぬる燗の作り方を紹介!日本酒を温めた燗酒を楽しもう!

キャンプに熱燗をおすすめしたいわけ

冷え込むキャンプの夜には、体の中から温まる飲み物でほっこりしたいですよね。中でも熱燗は、ひとくち飲むだけでもポカポカになります。

寒い季節だからこそ楽しめる、秋冬キャンプの醍醐味ともいえます。

また、温まる以外にもキャンプでの熱燗はおすすめです。下記でご紹介していきます。

熱燗だとお酒が飛ぶので酔い過ぎを防止できる

冷たいお酒の場合、体内で温かくなるまでアルコールの吸収が始まらないので、はやいスピードで飲んでしまうと、アルコールの吸収が始まった時に一気に酔いが回ってしまうことがあります。

一方熱燗は体内でお酒が温まる前にアルコールが吸収されます。そのため早く吸収され酔いを感じますが、それは自分自身の酔い加減が把握できているということ。

自分でお酒の適量をコントロールして酔い過ぎを防止できます。おつまみと一緒にちびちびと楽しみましょう。

キャンプで熱燗を作る際の注意点

ひとくちに日本酒といっても、たくさん種類がありますので、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

日本酒は熱燗にすると、より米本来の旨味やコクが増し、味わいはまろやかに、風味が引きたつのが特徴。中でも、純米酒や本醸造酒は熱燗向きのお酒といわれています。

純米酒は米と麹、水のみで造られており、温めることで原料そのものの旨味をより濃く感じます。

また本醸造酒は辛口のスッキリとした味わいを持つお酒のため、熱燗にすることでキレが増し、より淡麗辛口のキリっとしたシャープな後味を堪能できます。

下記でおすすめの日本酒をご紹介します。選ぶのに自信のない方や初めての方は、まずこちらの日本酒を使ってみてくださいね。

キャンプにおすすめな熱燗の銘柄

キャンプ用の日本酒

SYULIPで販売されているキャンプやアウトドアにぴったりな日本酒飲み比べセット「燗とロック」。

おだやかで落ち着いた香りの純米大吟醸は、お酒は濾過をせず、自然そのものの味わいを楽しめます。お酒を少しあたためると、香りが立ち始め、お酒のふくらみを体感できます。
華やかな香りを抑え、お米本来のコクや旨味を感じられる味わいを感じてみてください。

▼日本酒の商品情報はこちらから
キャンプやアウトドアにぴったりな日本酒飲み比べセット「燗とロック」

食事との相性を考えられた日本酒のため、米由来のやさしく自然な味と香りが楽しめます。熱燗にしても口当たりがやわらかく、おつまみもすすみますよ。

つづいては、キャンプ風日本酒のおつまみを紹介します。

キャンプ用日本酒✕タラの和風アクアパッツァ

アクアパッツァ

アウトドアにぴったりなスキレット料理!しいたけとトマトの旨味、かぼすの酸味が大吟醸のフルーティーな日本酒に相性抜群です。すっきりと軽やかな味わいをお楽しみください。

〜材料〜
・真鱈 2切れ
・浜守の塩(下処理用) ふたつまみ
・あさり(砂抜きしたもの) 100g
・ミニトマト 8個
・しいたけ 4個
・かぼす(すだちやレモンで代用可) 2枚
・ニンニク 1片
・日本酒(料理酒) 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ1
・浜守の塩 適量
・パセリ 適量

作り方

1.真鯛に「浜守の塩」をまぶして5分ほどおき、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

真鯛

2.ミニトマトはヘタを取り、半分に切ります。しいたけは石づきを切り落とし、4等分に切ります。ニンニクはみじん切りにします。

ミニトマト

しいたけ

3.直径20cmのスキレットにオリーブオイル、2のニンニクを入れ弱火で熱し、香りが立ったら1を入れて中火で加熱します。

スキレット

アクアパッツァ

4.火が通ったら残りの2とあさりを入れます。全体に日本酒を回しかけて蓋をし、弱火で5分ほど加熱します。

アクアパッツァ

5.あさりの口が開いたらかぼす、「浜守の塩」で味を整えて完成です。

浜守の塩

アクアパッツァ

まとめ

今回は、アウトドアで熱燗を作る時に用意すると便利な道具や温め方、そして熱燗におすすめの日本酒をご紹介しました。キャンプの夜には熱燗とおつまみを前に、ゆったりした時間を過ごしてみてくださいね。

(制作メンバー)
酒小町(Twitter / Instagram / メディア / コミュニティ
ライター:べーさん(Twitter
ディレクター:卯月りん(Twitter

Profile

酒小町

「日本酒を、もっと身近に」をコンセプトにした日本酒メディア&コミュニティ「酒小町」の編集部です。 メンバーは20代から30代。 お酒好きをキッカケとして入ったメンバーが、職場や家庭では出会えないメンバーと出会ったり、自分の得意なことに気づけたり、自分のやってみたい!を叶える企画を立ち上げたり、凹凸を補いあいながら楽しめる場所です。