2021年03月05日

フライパン1つでOK!簡単に作れる居酒屋風日本酒おつまみで乾杯!

Writer

大内
記事作成の他にカクテル動画の制作を担当しております。 日本酒はとても奥が深く、まだまだ勉強中です!美味しいお酒を教えて下さい! これから皆さんと一緒にもっともっと日本酒を知り、たくさんの人に日本酒を好きになってもらえたらなと思います。

緊急事態宣言が続き、そろそろ居酒屋にが恋しくなってきていませんか??
そんな日本酒やお酒好きの皆さんへ、今回もお家で居酒屋気分を味わえる日本酒おつまみを作ってみました!
美味しい日本酒と一緒に、簡単に作れる美味しいおつまみを添えて、お家居酒屋を楽しみましょう!!

oouchiirasuto
SYULIP大内です。
今回のメニューもお家でパパっとできちゃうおつまみ♪日本酒との相性も抜群!!是非お試しください。

 

串に刺さない焼鳥!!「焼鳥~ねぎま風~」

焼鳥完成1

居酒屋といったらやっぱり焼鳥。串に刺さないから簡単!

焼鳥材料

【材料 2人分】

とりもも肉 200g

長ねぎ 1本

柚子胡椒 3cm

鶏ガラ 小さじ1

酒 大さじ2

塩コショウ 適量

ごま油 適量

この手順でやればまちがいなし

①鶏モモ肉を一口大に切り、酒・鶏ガラ・柚子胡椒をもみ込んでおく。

焼鳥調理1

②長ねぎは3cm幅に切る。

焼鳥調理2

③フライパンにごま油を引いて、長ネギを炒め焼き色がついたら一旦取り出しておく。

焼鳥調理3

ネギを先に炒めておくことで、シャキシャキ感を少し残すことができます。

④③のフライパンに少しごま油を足して、鶏肉を入れる。

焼鳥調理4

鶏肉は皮面から焼きましょう。カリッとした食感を楽しめます!

⑤蓋をして中火で5~7分程蒸し焼きにし、蓋を外しひっくり返してさらに2~3分焼く。
⑥長ねぎを戻して、塩コショウを入れてさっと炒めて完成。

焼鳥完成2

チーズ好きにはたまらない!チーズとろ〜り「とん平焼き」

とん平焼き完成1

とん平焼きってなに??

とん平焼きとは鉄板焼きの一種で、大阪発祥のB級グルメ。
戦時中にロシアの捕虜になった男性が、戦後に「本とん平」を大阪北区に創業しました。そのお店で、ロシア人が食べていた料理を参考に作ったものが「とん平焼き」で、看板メニューとして出されていました。

とん平焼き名前の由来は、豚を平たくして焼いたものから来ているそうです。本来は、小判型に焼いた生地に豚肉やキャベツをのせひっくり返し溶き卵をまとわせて作る物ですが、今回は簡易的に作れるレシピをご紹介します♬

炒めて卵で包むだけなので、サクッとできます!

とん平焼き材料

【材料 2人分】

豚バラ 200g

もやし 1袋

卵 4個

牛乳 大さじ2

ピザ用チーズ 好きなだけ

鰹節 適量

青のり 適量

マヨネーズ 適量

お好みソース 適量

サラダ油 適量

塩コショウ 少々

この手順でやればまちがいなし

①豚肉を5cmくらいに切る。

とん平焼き調理1

②フライパンに油をひいて豚肉を炒め、さらにもやしを入れる。

とん平焼き調理2

③ある程度火が通ったら、塩コショウして一旦取り出す。
④卵と牛乳・塩コショウ少々を混ぜ合わせる。
⑤フライパンに油をしき、卵を流入れ少し固まってきたら、卵の上にチーズ・炒めた豚肉ともやしをのせる。(のせる箇所はフライパンの半分くらい)

とん平焼き調理3

卵を流しいれる前、フライパン全体に良く油をなじませてください。

⑥フライ返しで中身を包む。

とん平焼き4

oouchiirasuto
卵巻くのって難しいですよね!?オムライスとかも同じですが、私はいつも卵巻くの失敗しちゃうんです。。今回も撮影だからと気合を入れたのですが…見た目があまり綺麗じゃない。けど食材は大事にしないと!!という言い訳。笑
ただ今回は、とん平焼きなので上からソースや鰹節をのせるので問題ないです。最後の仕上げでアレンジしましょう♪

⑦お皿に盛り付けて、マヨネーズ・お好みソース・鰹節・青のりをかけて完成。

とん平焼き完成2

今日のおつまみと一緒に飲んだ日本酒

おだやか 純米吟醸 うすにごり生

おだやか 純米吟醸 うすにごり生

■酒造名 :仁井田本家
■精米歩合 :60%
■アルコール度数:16.5度
■白糀酒母仕込み
oouchiirasuto
今回のお酒は、酒屋さんに濃いめの味(とん平焼きを想定)にあう日本酒を選んでもらいました。香りはすごくフルーティーでリンゴの香り。味はほんのり酸味の後にお米の甘味を感じられました。とん平焼きにもあいましたが、柚子胡椒香る焼鳥とも相性抜群でした。

仁井田本家について〜知ると楽しい豆知識〜

田んぼ

仁井田本家は、福島県郡山市の東部に位置する田村町にて、正徳元(1711)年に酒造りを始めました。原料米に特にこだわっており、自然米(農薬・化学肥料を一切使わず栽培したお米)だけを用いてお酒造りをしており、「日本の田んぼを守る酒蔵になる」を使命に掲げています。また目指す味わいは「自分たちが飲んで美味しいと思う、米の旨みがある日本酒」を大前提とし3つのブランドを柱商品として醸造しています。

仁井田本家3つのブランド

「しぜんしゅ」ブランド:とろりとした甘みと、ふくよかな旨みをもつ、ジューシーな甘口の日本酒
「穏(おだやか)」ブランド:瑞々しくきれいな甘みと、キレの良さを持つ、穏やかな食中酒←今回飲んだ日本酒はこれ♪
「田村(たむら)」ブランド:力強く上質な米の旨みに、キレの良さを持つ、旨辛口の日本酒
oouchiirasuto
仁井田本家さんのWEBサイトもぜひチェックしてみて下さい。詩集を見ている感覚で、ほっこりできますよ~

仁井田本家WEBサイトはこちらから

おうちで居酒屋気分を味わってみよう

乾杯

今回は身近な材料を使用して、居酒屋で出てきそうな日本酒に合うおつまみをご紹介いたしました。酒屋さんや最近ではスーパーでもいろいろな地域の日本酒が置いてあります。買い出しついでに、日本酒も一緒に購入して、居酒屋気分を味わってみてはいかがでしょうか。

Writer

大内
記事作成の他にカクテル動画の制作を担当しております。 日本酒はとても奥が深く、まだまだ勉強中です!美味しいお酒を教えて下さい! これから皆さんと一緒にもっともっと日本酒を知り、たくさんの人に日本酒を好きになってもらえたらなと思います。


RANKING

人気の記事

人気の記事