2021年11月27日

日本酒のアルコール度数って??アルコール度数を知って美味しく楽しく飲もう!!

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。

日本酒のアルコール度数はどのくらいなんだろう??決まりはあるの?などの疑問を解決!

ビールやワインなど、他のお酒とも比較してまとめてみました。アルコール度数を知って美味しく楽しくお酒を飲みましょう♪

アルコール度数とは何か??

アルコール度数_様々なお酒

アルコール度数とは、お酒に含まれるアルコールの割合の事。アルコール飲料に対するエタノールの体積濃度を、パーセント(%)で表示した割合です。

アルコール度数「15度」のお酒

お酒のアルコール度数
100mlの中に15mlのアルコール分があれば、15度と表記されます。

「度」と「%」の違いは?

お酒のアルコール度数表示

日本酒や焼酎のアルコール度数は「~度」と表記してあることが多いですが、ビールやワインなどの表記は「~%」と表記されていることが多いです。「度」と「%」の違いはなんでしょうか??

実は、「度」も「%」もアルコール濃度は同じなんです!例えば、15度の日本酒と15%のワインで比べてみても、お酒の強さは同じという事です!

基本的に日本酒や焼酎など日本で生まれたお酒は「度」で、ワインやビールなど海外生まれのお酒は「%」で表記されることが多いようです。

日本酒のアルコール度数について

日本酒アルコール度数の決まり

日本酒を注ぐ

日本酒(清酒)は「米・米麹・水を原料に、日本国内で造られたお酒」と酒税法によって定められています。また、「アルコール度数は22度未満であること」。

とはいえ、よく見かける日本酒の度数は15度~16度。アルコールは純度が高いほどピリピリとした強い刺激を感じやすくなるため、日本酒で20度前後だと、アルコール感を強く感じる方が多いです。

そのため、原酒に加水し、日本酒本来の味や香りも穏やかになり、飲みやすさと味わいやすさのバランスも良い15~16度が多くみられます。

最近人気上昇中の低アルコール日本酒

最近では、「低アルコール日本酒」というのも人気が出てきており、色々な酒蔵から発売されています。通常の日本酒よりも度数が低く5~12度前後のお酒。

中には炭酸ガスを含んだスパークリング日本酒などもあり、甘くてとても飲みやすく、グラスに注げば様々なシーンで楽しめます。

※オーストラリア料理とあわせたスパークリング日本酒

日本酒と世界の料理を楽しもう!今回のテーマは「オーストラリア料理×日本酒」。様々な国の方が移住しているオーストラリアは、食文化も多様化しているため、これぞオーストラリア料理というものが少ない印象を受けます。 そんな中でも、オーストラリアで良く食べているものをチョイスし、日本酒と一緒に頂いてみました♪世界旅行している気分でお召し上がりください。 『オーストラリア』について少しお勉強しましょう♪ オーストラリアは世界で面積が6番目に広く、日本の20倍以上の面積を持っていますが、人口は日本の6分の1程度。最近では海外からの移民が増えているため、年々増加している様です。 オーストラリアの首都は皆さんご存知ですか!?有名なシドニーやメルボルンが首都だと思っている方が多いと思いますが、実は「キャンベラ」が首都なんです!テストで間違いやすいので、しっかり覚えておきましょう♪(笑) 国旗には、ユニオンジャ…

日本酒を飲むときは和らぎ水も大切です

和らぎ水

和らぎ水とはチェイサーのこと!ミネラルウォーターや水道水が一般的ですが、お店によっては日本酒を造るときに使用される「仕込み水」を提供してくれるところも♪

日本酒を飲むときは、低アルコールのものでも和らぎ水を一緒に飲みましょう!

ちなみに!酔いがさめるまでの時間って知ってますか??

お酒を飲むとなかなかアルコールが抜けない!!なんてこともありますよね?例えば体重約60kgの成人男性が15度の日本酒を1合飲むと、アルコールが体内から消えるまでに約3~4時間かかります。

楽しすぎてつい飲み過ぎちゃうなんて方も多いかと思いますが、適度な量を美味しく楽しく飲みましょう♪

もし二日酔いになってしまったら…こちらをチェック

日本酒に関する「あれが知りたい」、「これも知りたい」特集2回目は、お酒の天敵!!二日酔いについて。二日酔いの原因と対策を特集します。コンビニで手軽に購入できるものでの対策方法もご紹介。これで二日酔いも怖くない!!けど…飲み過ぎにはご注意くださいね。 もう二日酔い。。そんな人はこちらにジャンプ!! そもそも二日酔いって何?? 二日酔いとは、お酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自分のキャパ以上(代謝能力)飲むことによって引き起こされる、不快な身体の状態といわれています。主に吐き気や胸やけ、頭痛などの不快な症状が見られます。 なんで二日酔いになるんだろう?? アセトアルデヒド アルコールは、体内に入ると肝臓で分解され、アセトアルデヒドという毒性を持つ成分に変わります。体内にはこれを分解する酵素(こうそ)があるので、無害な酢酸(さくさん)と水に変えることができます。しかし飲み過ぎると分解が間…

お酒のアルコール度数をまとめてみた

様々なお酒のまとめ画像

ここでは様々なお酒のアルコール度数を比べていきたいと思います。と…その前に、お酒の種類について簡単にご説明します。

お酒は「醸造酒」と「蒸留酒」の2種類に分かれます。

日本酒・ビール・ワイン等の醸造酒

醸造酒とは、穀物や果実を原料に酵母を加えアルコール発酵させて造るお酒のことです。

焼酎・ウィスキー・ジン等の蒸留酒

蒸留酒とは、お酒の原料を発酵させた後、さらに蒸留させて造るお酒のことです。お酒を加熱して蒸気を冷やしてアルコールなどの成分を液体にして集めます。

蒸留酒の方がアルコール分が高いものが多く販売されています。

お酒のアルコール度数まとめ

お酒のアルコール度数を低い順にまとめてみました。種類によって前後するものもあり、あくまで一般的なものとしてお考えください。

ビール

ビール(醸造酒) 5~6%

ワイン_アルコール度数

ワイン(醸造酒) 12~14%

日本酒_アルコール度数

日本酒(醸造酒) 15~16%

焼酎_アルコール度数

焼酎(蒸留酒) 20~25%

ウィスキー_アルコール度数

ウィスキー(蒸留酒) 40%以上

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。


RANKING

人気の記事

人気の記事