2021年10月01日

秋の日本酒『ひやおろし』!おすすめの飲み方や一緒に食べたい料理を紹介!

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。

秋ならではの日本酒として人気の「ひやおろし」。秋といえば一年の中でも旬の食べ物が多く「食欲の秋」と称されるほど食材が美味しくなる時期です。そんな秋の料理と一緒に飲みたい日本酒「ひやおろし」。

今回はひやおろしの語源の由来や、おすすめの飲み方、一緒に食べたい旬の料理を紹介します!

秋の日本酒ひやおろしとは

秋のお酒

まずは秋の日本酒「ひやおろし」の語源の由来から解説していきます。

ひやおろしの語源と特徴

江戸時代頃から存在されたといわれる「ひやおろし」。冬に造られた日本酒を劣化しないよう火入れ(加熱殺菌)し貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「ひや=生・冷たい」のまま、「おろし=出荷する」が語源とされています。

一般的な日本酒は2回火入れする

一般的な日本酒は2回火入れ(加熱殺菌)し出荷されますが、ひやおろしは貯蔵前の1回しか火入れを行わない技法が用いられています。

ひやおろしの味わい

ひやおろし

秋の日本酒「ひやおろし」の語源の由来と、お酒のつくり方を理解したところで、続いては気になるひやおろしの味わいを紹介していきます!

旨味とコクを感じられる日本酒

冬に造られた日本酒を春、夏を超え熟成させているため、旨味やコクを感じやすい日本酒が多いです。

まろやかな味わい

造りたての新酒や生酒はフレッシュ感を楽しめる反面、「酒質が荒い」「まろやかさがない」と表現されることも。。ひやおろしは貯蔵されることによって、酒質が落ち着きまろやかな味わいに。おだやかで落ち着きのあるお酒といった表現が合いそうです。

常温や熱燗で飲みたい!

ひやおろし

暑い夏を過ぎだんだんと肌寒くなってきた時期に、常温や熱燗にして飲むのも季節ならではの楽しみ方です。日本酒を温めることで変化する味わいも楽しみましょう。

日本酒の温度についてはこちらで詳しく説明しています。

4タイプの日本酒で分類すると?

4タイプの日本酒

日本酒が持つ香りと味わいの要素を組み合わせることで、日本酒を4つのタイプに分類できます。ひやおろしはその中でも醇酒(旨口タイプ)に該当するお酒が多いです。

最近では新しいタイプのひやおろしとして、フルーティータイプや生酒タイプのひやおろしも見かけるようになってきました。

旨口タイプの日本酒

醇酒は原料のお米を感じるふくよかな香りと、旨味を感じさせるコクのある味わいが特徴です。

日本酒の「旨口タイプ」についてはこちらで詳しく説明しています。
おすすめの温度

①15℃〜18℃、②40℃〜55℃が適した日本酒の温度と言われています。旨口タイプは楽しめる温度帯が最も広く、冷やでも温めても美味しいです。温度によって変化する風味も体感してみてください。

ひやおろしに合わせたい旬の料理

秋のお酒「ひやおろし」の特徴を理解したあとは、一緒に食べたい秋の旬の料理。日本酒のタイプとしては「醇酒(旨口タイプ)」に該当するお酒が多いため、旨味やコクのある日本酒に合わせたいおつまみを紹介します。

秋を感じよう!ひやおろし✕キノコ料理

ひやおろし

味覚の秋を代表する食材といえば…まず「きのこ」。最近は1年を通して食べれますが、やはりこの時期!秋から冬にかけては、旬の時期にしか味わえない美味しさがあります。

秋に旬な魚料理と日本酒を楽しもう!

ひやおろし

秋の魚としてまず思い浮かぶのは秋刀魚ですがアジやカツオも美味しい!日本酒は魚介類特有の生臭みを抑え、素材の美味しさを引き立てる効果もあるので、秋が旬の魚料理とぜひ一緒に召し上がってください。

お家時間を楽しもう!「ひやおろし」おつまみレシピ

最後はお家で手軽に調理できる、日本酒おつまみレシピ2品を紹介!ひやおろしと相性が良さそうな、旨味やコクを感じられるおつまみを選んでいます。

ひやおろし✕肉豆腐で心も身体もぽかぽか

肉豆腐_完成1

和風出汁が効いた肉豆腐と旨口タイプの日本酒は相性抜群!純米酒は程よく温めることによって、お米の旨味やコクが増し、まろやかな味わいに変化していきます。

今回のおつまみ「肉豆腐」も甘みを加えたまろやかな味わいのため、純米酒と相性の良い組み合わせといえます。寒い季節にぜひ試して頂きたい料理と日本酒です。

※レシピはこちらをチェック!

まだまだお家時間が続く今日この頃。。お家で日本酒を飲むことが多いですよね。。 居酒屋行きたーい!!そんな気持ちにおこたえして本日、お家居酒屋開店します。 簡単に作れる居酒屋おつまみメニューを紹介!!お家でぬくぬく、日本酒を飲みながら居酒屋気分を味わってみてはいかがでしょうか?? 心も体もぽかぽか。味がしみしみ「肉豆腐」 お鍋で牛肉を焼き、後はぐつぐつ煮込みましょう♪ 【材料 2人分】 牛肉 150g 焼き豆腐 1丁 長ネギ 1/2本 しらたき 半パック ☆醤油 大さじ3 ☆みりん 大さじ2 ☆酒 大さじ2 ☆砂糖 大さじ1.5 ☆めんつゆ おおさじ2 ☆水 100ml しらたきはあく抜きしてある物を使うと楽ちんです。 この手順でやればまちがいなし ①長ネギは1cmくらいに斜め切り、飾り用に少しみじん切りも用意する。 ②豆腐は6等分に切る。 ③鍋に牛肉を入れ、色が変わるまで炒める。 油は牛肉…

ひやおろし✕絶品チンジャオロース

日本酒おつまみ チンジャオロース

料理は甘みがありしっかりとした味付けです。そのため日本酒もお米のコクや香りを楽しめる旨口タイプを選択しました。

お酒の温度も料理と合わせ、少し温めた「ぬる燗」がおすすめです。日本酒は温めると味と香りが引き立つ「燗上がり」の純米酒を選んではいかがでしょうか。

※レシピはこちらをチェック!

肉!にく!NIKU!今夜どうしてもお肉が食べたい! 「今すぐ食べたいおつまみ。特集」第3回目は、そんな日にぴったりな牛肉を使ったおつまみを特集。時間が無い人でも大丈夫!簡単!早い!美味しい!おつまみをご紹介いたします。お楽しみに! 簡単!!激ウマローストビーフと日本酒でカンパイ 時短で失敗しないおすすめローストビーフを作っていきましょう 【材料 4人分】 ■ローストビーフ 牛肉(モモ)ブロック 400〜500g ローリエ 2枚 クレイジーソルト 適量 胡椒 適量 ベビーリーフ 適量 ■【ついでに作れる簡単なソース】 ★醤油 50CC ★みりん、料理酒、お酢、おろしにんにく 各大さじ1 日本酒おつまみ「ローストビーフ」の作り方 ①牛肉のかたまりは冷蔵庫から出して、室温でもどしておきましょう。時間が無ければ気にしなくてもOK!! お肉を常温に戻した方が肉汁がダラダラ出づらいです。気にならない人…

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。


RANKING

人気の記事

人気の記事