2021年02月17日

映画好きなら絶対観たい!「幸福の黄色いハンカチ」と日本酒

2021年02月17日
本間倫人

第1回日本アカデミー賞最優秀作品に輝き、山田洋次監督の代表作ともいえる「幸福の黄色いハンカチ」。
北海道を舞台に偶然出会った男女3人が車1台で旅をする感動ロードムービー!

主演の高倉健さんは日本酒好きとしても知られ、健さんの映画にはしばしば日本酒が登場します。
本作品でも印象的なシーンに日本酒が登場し、日本人の生活に日本酒が浸透していたことが垣間見える作品です。

映画史の中で語り継ぎたい名場面とあらすじ

幸福の黄色いハンカチ dvd

Source of photo : Amazon

幸福の黄色いハンカチを観たことが無い人も、この名場面はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。
高倉健さんの後ろ姿と、健さんを待つ女性(倍賞千恵子)、そして風になびく大量の黄色いハンカチ。
ネタバレ満載の映画なのに、なぜか何度も観たいと感じさせられる作品です。
本記事のサムネイル画像もその名場面をイラストで描いています。

幸福の黄色いハンカチの予告編とあらすじ

「もし、まだ待ってくれるなら、黄色いハンカチをぶらさげてくれ」
1977年度の映画賞を独占した山田洋次監督の代表作のひとつ。 失恋して自棄になった欽也(武田鉄矢)は、会社をやめ、退職金で新車を購入、北海道へドライブの旅に出た。網走に着くと手当たり次第にナンパして、同じ失恋の痛手を持つ朱美(桃井かおり)を引っかけた。それから、海岸で炭鉱夫を名乗る中年男・勇作(高倉健)と知り合い、3人で北海道を旅する感動ロードムービー。

男女3人が旅した春の北海道

北海道の自然

欽也(武田鉄矢)が東京から北海道の釧路へフェリーで到着し、北海道を巡るロードムービーがスタートします。
網走で2人と出会い、ここから男女3人の旅が始まり、美幌峠や阿寒湖に立ち寄り雄大な北海道の自然を楽しむ3人。
その後、トラブルが続出し、別れたり、一緒になったりを繰り返しながら、目的地夕張を目指します。

美幌峠

美幌峠

美幌峠(みほろとうげ)は標高525mの場所から絶景が楽しめる峠です。
天気の良い日には遠くの景色までも見渡せる美幌峠は、自然の大パノラマが見られると毎年多くの方が訪れている観光地。
バイクや自転車のツーリングで訪れる人も多い人気観光スポットです。

阿寒湖

阿寒湖

阿寒湖(あかんこ)は北海道で5番目に大きい淡水系の湖です。
特別天然記念物のマリモが生息する湖として有名な阿寒湖。または冬の観光地としても人気で、ワカサギ釣りやスキーといったアクティビティが充実。
そしてアイヌの文化が残る地としても有名です。

映画の名場面を体験「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」

幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば

Source of photo : 夕張市 Web site

映画好きなら一度は訪れたい「幸福の黄色いハンカチ」の舞台を楽しめる観光スポット。
元々は夕張炭鉱の炭鉱夫の長屋を現存している歴史的にも貴重な建造物です。
映画公開から40年を迎え、施設を全面リニューアルし、老若男女問わず「真の幸福(しあわせ)」を考え、感じられる聖地へと生まれ変わりました。

■幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば

■営業期間 春から秋にかけて
2020年実績:2020/5/16(土) から 2020/11/10(火)

映画で登場する日本酒「多聞」

幸せの黄色いハンカチ

Source of photo : 本編映像から

高倉健さんが吉報を知り、お祝いのためにお酒を購入し帰宅するシーンで、日本酒「多聞」は登場します。
当時の時代風景が垣間見えるシーンです。今では日本酒だけでなく、ワインやシャンパンでお祝いする人も多いですよね。

阪神の八馬財閥が設立した「多聞酒造」

多聞酒造

1839年に兵庫県西宮で生まれた初代八馬兼介が22歳で「米穀商八馬屋」を起こし、その後事業を拡大させ「八馬財閥」を築きました。
海運業、銀行業を成功させた後に、1920年「多聞酒造」を設立しますが、醸造業は倒産し、現在では海運業の「八馬汽船」が存続している状況です。

大関株式会社が「多聞」ブランドを継承

ワンカップ大関

2005年、経営難で民事再生法を申請した多聞酒造から「多聞」の商標及び製造・販売を譲り受けた大関株式会社。
コンビニやスーパーでよく見かける「ワンカップ大関」で有名な酒造メーカーです。

北海道で愛され続けている「多聞」

日本酒 多聞

幸福の黄色いハンカチで日本酒「多聞」が登場した時に、北海道産の酒造かと思いましたが、実際には兵庫県西宮の日本酒。その後色々と調べると、「多聞」は北海道で根強い人気を誇っている銘柄のようです。
多聞の由来は、皆さんの願望成就と御繁盛をお祈りする、そんな想いから名付けられたそうです。

北海道限定ブランド「多聞 吟風」

多聞 吟風

Source of photo : 大関 Web site

北海道産酒造好適米「吟風(ぎんぷう)」を100%使用し仕込んだ特別純米酒。
「吟風」は、杜氏の間では「味の吟風」と言われるほど芳醇な酒造りに最適な品種なので、米の旨味を十分に引き出した純米酒らしい、ふくよかさとコクをしっかり感じられる、やや辛口の味わいを楽しめます。
味わいは旨口タイプの日本酒に該当しそうですね。
旨口タイプの日本酒ついてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

すっきり飲みやすい!!多聞爽(さわやか)

多聞爽

Source of photo : 大関 Web site

【味わい】
これぞ!爽やかタイプの日本酒!清涼でみずみずしい日本酒です。
若干辛口寄りですが、それでもスイスイ飲めるのは、爽やかタイプの日本酒だからでしょうか。
爽やかタイプの日本酒ついてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

多聞爽と一緒に食べたい料理「砂肝きゅうり香味ダレ」

砂肝きゅうり完成1
砂肝きゅうり香味ダレ

軽快で爽やかな日本酒と一緒に「砂肝きゅうり」はいかがでしょうか?
とってもヘルシーでサッパリとした味わいは相性抜群です!

レシピはこちらから!とっても簡単です!

幸福の黄色いハンカチが気になるあなたにおすすめの映画

遙かなる山の呼び声

「幸福の黄色いハンカチ」に続く、高倉健主演×倍賞千恵子×山田洋次監督作「遥かなる山の呼び声」
北海道を舞台に、高倉健が、過去を背負いながらも、寂しく暮らす母と子を男の優しさで見守る男、という適役を好演しています。

 

Writer

本間倫人
山形生まれ!SYULIPの運営、企画全般を担当しています! 日本酒をもっと手軽に知れるコンテンツを発信したいと思い、2021年1月にSYULIPを立ち上げました。また、日本酒をきっかけに直接的な社会貢献活動もスタートしています。 日本の伝統文化であり、世界的に見ても魅力あふれる「SAKE」を通じ、地域や国境越え、皆さんと楽しいひとときを共有していきたいです。


RANKING

人気の記事

人気の記事