2020年12月16日

⼭形の⽇本酒⼥⼦が十四代や出羽桜などおすすめの日本酒を紹介!

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。

今回の特集は⼭形県在住の⽇本酒好きsake_koi_yamagataさんオススメの⽇本酒を特集。
⼭形県は⽇本有数の⽶どころでもあり、⼀級河川の最上川や⾚川が県内を流れ、全国的にも⽇本酒作りに適した環境と⾔われています。
県内に点在する酒蔵は50ヶ所以上あり、⾼級酒やフルーティーな⽇本酒が多く、全国のファンから⼈気のある都道府県の1つです。地産地消で消費される⽇本酒も多く、地元の⼈だからこそ知っている美味しい⽇本酒を今回もご紹介いたします。
美味しい⽇本酒に出会えるキッカケになるといいですね。
 

オススメしてくれた地元の⼈

sake_koi_yamagataさん

私の中で日本酒のイメージは酔うためのお酒でした。今ではリラックスタイムを充実させてくれるお酒になりました。
日本酒には敷居が高いイメージもあると思いますが、実際は自分が好き!と感じるものを五感で味わう事ができる楽しいお酒です。
敷居をぴょん!と飛び越える後押しができたら、という思いからインスタグラム(@sake_koi_yamagata)でおすすめの日本酒を発信しています。

オススメ!山形の日本酒一覧

1分でわかる山形の日本酒の特徴

『吟醸王国』GI YAMAGATA

画像引用元:おいしい⼭形推進機構事務局ホームページ

GI YAMAGATAとは?

GI YAMAGATAとは国税庁より認定された地域ブランドを保護し、他の⽇本酒と差別化するブランディング⼿法の1つといえます。県単位で『⼭形』が初めて指定されました。

【⽇本酒GI MAP】
全国でGI指定を受けている地域

GIマップ

2005年に初めて⽇本酒で⽯川県⽩⼭がGI指定されました。その後⼭形(2例⽬)、灘五郷(3例⽬)が指定されています。
2020年に⼊り、兵庫県南⻄部の播磨地⽅が指定され、直近では2020年6⽉に三重県がGI指定を受けています。

⼭形産原料100%の⽇本酒を⽬指して

DEWA33
1995年、共通の基準を満たしながら、それぞれの酒蔵が個性を競う「純⽶吟醸酒DEWA33」が誕⽣しました。

 

  • ⼭形県産の⽇本酒⽶『出⽻蝶々』を100%使⽤
  • 純⽶吟醸酒・精⽶歩合(お⽶の削る割合)55%以下
  • ⼭形県産の酵⺟・麹菌を使⽤
  • ⼭形県の豊かなお⽔を使用

これらの条件を全てクリアし、厳正な審査を通った⽇本酒に「DEWA33」の称号が与えられます。
商品ごとに認定マークが表⽰されているので、わたしたち消費者にとっては美味しい⽇本酒を⾒つけるよいキッカケになります。

⼭形県⺠がオススメする本当に美味しい⽇本酒5選

⾼⽊酒造 ⼗四代 (じゅうよんだい)中取り純⽶ 無濾過

山形の日本酒⼗四代

幻の⽇本酒と称されている⾼⽊酒造の「⼗四代」。インターネットでは⾼額の値段が付き、地元⼭形県以外では中々⼿に取る事が難しい⽇本酒です。

知るとちょっと楽しい⾖知識

1615年に創業した⾼⽊酒造。

創業当初のブランドは『朝⽇鷹』。地元⼭形では今でも愛されている銘柄です。

『⼗四代』が誕⽣したのは、当主が14代⽬から15代⽬へ引き継がれたタイミング。

1994年頃、⽇本酒業界は新潟の淡麗⾟⼝の味わいがブーム。そんなブームを無視するかのように、独⾃路線の⽇本酒をつくり、⾹り豊かな⽇本酒ブームの⽕付け役となったと⾔われています。

獺祭(だっさい)、磯⾃慢(いそじまん)、⾶露喜(ひろき)、⽽今(じこん)と並び、全国で知名度の⾼い希少なプレミア酒として有名です。

⼗四代 中取り純⽶ 無濾過のオススメポイント

⼭形が誇る有名なお酒!五感が歓ぶ満⾜の⼀杯です。
⼀⼝⽬から最後の⼀滴まで味が安定しているので、ついついお酒が進んでしまいます。
さっぱりとした⽢みも特徴の1つ。

⼗四代と⼀緒に⾷べたいおつまみ

日本酒おつまみ 板そば

山形の板そば

惣⾢(そうむら)出⽻の⾥

惣⾢ 出⽻の⾥

知るとちょっと楽しい⾖知識

⻑沼家(酒蔵:⻑沼合名会社)は江⼾時代から12代続き、1916年からお酒つくりを始めました。

酒蔵や店舗は国の登録有形⽂化財に登録されています。

当主は代々「⻑沼惣右衛⾨」を襲名。

酒蔵がある⼭形県⻑井市は⽔の豊かな地域で、なんと100%地下⽔の『超軟⽔』を使⽤しています。

酒蔵の様⼦が伺えるfacebookはこちらから!!

⻑沼合名会社Facebook

惣⾢のオススメポイント

グルメ誌dancyuに掲載されたことがある県内で⼈気のお酒です。
料理を選ばない味と⾹りなので⾷中酒として楽しめます。
お⽶の⽢みを⻑く味わうことができる⼀杯。

惣⾢と⼀緒に⾷べたいおつまみ

日本酒おつまみ 天ぷら

天ぷら

新藤酒造店 雅⼭流(がさんりゅう)スパークリングプレミアム ⽣酒

雅⼭流 スパークリングプレミアム ⽣酒

知るとちょっと楽しい⾖知識

⼭形県⽶沢市に1870年に創業した新藤酒造店。

創業時からの代表銘柄は『富久鶴』。⻑寿のお酒と地元⽶沢で親しまれている⽇本酒です。

明治3年創業以来伝統的⼿造りの技術をかたくなに守り続けて10代⽬。

酒蔵⾃らお⽶を栽培し、原料⽶から⼀貫して考えて⽣まれたのが、”雅⼭流”。

雅⼭流のオススメポイント

⽇本酒はあまり…という、しゅわしゅわ好きの⽅にぜひおすすめしたいです。
スパークリングに加え軽やかな⼝当たりなのでさっぱりと飲めます。
Web飲みでも注⽬を集めること間違いなしの涼やかなラベルです。

雅⼭流と⼀緒に⾷べたいおつまみ

日本酒おつまみ 白子ポン酢

白子ポン酢

東の麓(あずまのふもと)純⽶吟醸酒つや姫 なんどでも

東の麓 純⽶吟醸酒 つや姫 なんどでも

知るとちょっと楽しい⾖知識

⼭形県南陽市に1896年に創業した東の麓酒造。

「飲む⼈の⼼を満たす」というキャッチフレーズで地元⼭形で愛されている⽇本酒です。

若者にも⽇本酒に親しんでほしいという想いから、新たな取り組みとして新ブランド「天⼸(てんきゅう)」を東北芸術⼯科⼤学の学⽣と共同開発しています。

東の麓のオススメポイント

できれば秘密にしたい、冷でも熱燗でもマルチに活躍してくれるお酒です。
名前の通り、何度でも、どんな温度でも美味しくいただけます。冷酒と熱燗では味わいが全く変わるので楽しいです。
⼭形駅ビル内のお⼟産屋さんで⼿軽に購⼊できるのでありがたいです。

東の麓と⼀緒に⾷べたいおつまみ

日本酒おつまみ 〆さば

〆サバ

出⽻桜(でわざくら) 桜花吟醸酒

出⽻桜 桜花吟醸酒

知るとちょっと楽しい⾖知識

創業当初は銘柄『⽩梅』を主に製造し、出⽻桜は⼀部の⾼級酒として販売していました。

出⽻桜桜花吟醸酒は1980年に販売され『吟醸酒』として、品評会(お酒の美味しさを審査)向け、また贈答⽤として親しまれていました。

当時『吟醸酒』という⾔葉が知られていなかったため、あえて『吟醸酒』という名称をラベル中央に書き、そのラベルを今でも使⽤しています。

ブランディング戦略が当たり吟醸酒ブームの⽕付け役となった出⽻桜。今では全国でも知名度が⾼く、とても⼈気のある銘柄の1つです。

出⽻桜 桜花吟醸酒のオススメポイント

これぞフルーティ!⽇本酒のハードルをそっと下げてくれるお酒です。
桜花を飲んで⽇本酒が好きになったという反響があるほど。⽇本酒デビューにもおすすめです。
⽣酒らしく華やかな⾹りと味わい。

出⽻桜 桜花吟醸酒と⼀緒に⾷べたいおつまみ

日本酒おつまみ カマンベールチーズ

カマンベールチーズ

⼭形県の⽇本酒ランキング

SYULIPユーザーが選ぶ⼭形の⽇本酒ランキング

山形の日本酒ランキング

日本酒を飲んで社会をちょっと笑顔に

SYULIPポイントって??

気に入った日本酒を記録すると、SYULIPポイントが貰えます。

SYULIP寄付事業/イメージ図

SYULIPポイントを使い、社会貢献活動をしている団体を支援することができます。

shakehands

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。


RANKING

人気の記事

人気の記事