2021年10月06日

日本酒好きなら行ってほしい!実体験!沖縄ワーケーションプラン!

Writer

本間倫人
運営、企画全般を担当しています! SYULIPでは日本酒をもっと手軽に知れるコンテンツを発信し、日本酒をきっかけに直接的な社会貢献活動もスタートしています。 日本の伝統文化であり、世界で注目されている「SAKE」を通じ地域や国境越え皆さんと楽しいひとときを共有していきたいです。

ワーケーションをしながら全国各地の日本酒や酒蔵を紹介する企画第5弾。

今回のワーケーションスポットは人気観光地「沖縄県」。沖縄といえば泡盛や沖縄料理が有名ですが、最近では全国各地の日本酒を取り揃えるお店や、新鮮な海鮮をわざわざ空輸するお店も。

今回もSYULIP編集部が沖縄ワーケーションを実体験レポート!沖縄唯一の酒蔵や日本酒Bar、観光地、コワーキングスペースの紹介と内容盛りだくさん。沖縄でワーケーションをしながら日本酒ライフを楽しんできました!

ワーケーションって何??

沖縄ワーケーション
ワーケーションという言葉の由来は、「ワーク(仕事)+バケーション(休暇)=ワーケーション」。観光地や帰省先など、自宅以外の休暇先でリモートワークをする過ごし方のこと。

「仕事」と「休暇」という、相反するものが一つになっており、「休んでいるのに仕事するの?」と捉えられがちですが、旅行先で仕事を片付けた後のフリー時間や休日に観光地を巡ったりできる新しい働き方です。

特集1回目は島根県でワーケーションしてきました!

2020年以降コロナウィルスの影響からテレワークが推奨され、今注目を浴びている新たな働き方「ワーケーション」。ワーケーションとは観光地やリゾート地などの休暇先で、テレワーク(リモートワーク)で仕事をすることを意味します。 日本酒WEBメディアを運営している身としては、「ワーケーションをしながら各地の地酒も楽しんで欲しい!」そんな想いで始まった「特集:ワーケーション×日本酒」。 特集1回目は島根県益田市でワーケーション。新たな働き方を実践しながら島根県内の酒蔵や観光地を巡る体験記です。 ワーケーションとは ワーケーションという言葉の由来は、「ワーク(仕事)+バケーション(休暇)=ワーケーション」です。観光地や帰省先など、自宅以外の休暇先でリモートワークをする過ごし方のことです。 「仕事」と「休暇」という、相反するものが一つになっており、一見、「休んでいるのに仕事するの?」と捉えられがちですが…

特集2回目は昭和レトロな尾道でワーケーション!

ワーケーションをしながら全国各地の日本酒や酒蔵を紹介する特集第2弾。今回のワーケーションスポットは人気観光地「広島県尾道市」。 瀬戸内海を眺めながら仕事ができるコワーキングスペースや、尾道の地酒を販売している「吉源酒造場」へ訪問してきました。尾道でワーケーションしながら日本酒を堪能できる内容です! ワーケーションとは?? ワーケーションという言葉の由来は、「ワーク(仕事)+バケーション(休暇)=ワーケーション」です。観光地や帰省先など、自宅以外の休暇先でリモートワークをする過ごし方のことです。 「仕事」と「休暇」という、相反するものが一つになっており、一見、「休んでいるのに仕事するの?」と捉えられがちですが、旅行先で仕事を片付けた後のフリー時間や休日に観光地を巡ったり、地元の食材を楽しんだりできると捉えたほうが良いかもしれません。 特集1回目は「島根県でワーケーション」 …

3つの選択肢があるワーケーションの宿泊先&仕事場

ワーケーションとは「観光地や休暇場所」でリモートワークをする働き方です。そのため最近ではホテルや旅館が仕事場やWi-Fi環境を整え、宿泊先でリモートワークができる宿泊プランを販売しています。

その一方、全国的にコワーキングスペースも広がりつつあり、宿泊は普通のホテル、民泊、ゲストハウスに泊まり、仕事はコワーキングスペースで働くといったような多様な働き方が出来る環境が整備されつつあります。まずは今までに実践したワーケーションの働き方を3つ紹介します。

ホテルや旅館でワーケーション!

旅館でワーケーション

1つ目は、仕事場が確保されているホテルや旅館に泊まりながらのリモートワーク。メリットは宿泊先と仕事場が一緒のため事前にコワーキングスペースの下調べが必要ないことや、宿泊先内で仕事が出来るため移動時間がかからない点です。

民泊+コワーキングスペース

民泊でワーケーション

尾道で宿泊した「Airbnb」の宿泊先

次に紹介するのが「Airbnb」などの民泊システムを使う方法。宿泊先によっては仕事環境が整っている場所もありますが、現時点ではコワーキングスペースとの併用が現実的なワーケーション方法だと思います。

仕事場が確保されているホテルや旅館に比べ料金を抑えることが出来るため、長期間ワーケーションに取り組んでいる方を多く見かけます。

定額多拠点サービス+コワーキングスペース

ワーケーション

広島で宿泊した「HafH」の提携宿泊先

最後に紹介するのが、月額制で多拠点サービスを利用できる方法です。日本では「Address(アドレス)」や「HafH(ハフ)」が宿泊先も多く日本全国好きな場所に滞在できるシステムです。

民泊同様に仕事場が併設されている宿泊先もありますが、コワーキングスペースとの併用で利用している人が多いです。

日本酒好きの沖縄ワーケーションおすすめプラン

今回のワーケーションスタイルはAirbnb(民泊)+コワーキングスペースの併用です。目的が日本酒スポット巡りということもあり那覇周辺で宿泊しました。リゾート気分を味わいたい方は中部、北部のリゾート型宿泊施設もおすすめですよ。

4泊5日!沖縄ワーケーションプラン!
  • 1日目:移動日&那覇の日本酒居酒屋へ
  • 2日目&3日目:仕事DAY!夜は日本酒Night
  • 4日目:思いっきり観光しましょう!
  • 5日目:観光&移動日

ワーケーション1日目:移動日&那覇の日本酒居酒屋へ

ワーケーション_飛行機で移動

早朝便取って沖縄へGO!

私の場合、移動日が平日のため初日は有給を取得。ちなみに移動日は早朝便がおすすめです。午前中に沖縄へ到着できますし、値段が安いチケットも多いです。

到着後、那覇周辺の宿泊先へチェックイン!さあ!沖縄を楽しみましょう!

沖縄_ワーケーション宿泊先

国際通り付近のAirbnb宿泊先 ©Airbnb

沖縄で本格的な日本酒を提供「久茂地日本酒エビス」

沖縄日本酒_久茂地エビス

駅チカ&国際通りからも行きやすい日本酒居酒

まず向かった先は沖縄ゆいレールの県庁前駅から徒歩1分の場所にある「久茂地日本酒エビス 」。国際通りから歩いてすぐの場所です。久茂地日本酒エビスは全国各地の定番〜限定の日本酒を取り揃え、沖縄在住の日本酒ファンに人気のお店。日本酒やおでんが名物です。

沖縄日本酒_エビス

定番酒「不動」を90mlで注文!

全国の銘酒を手軽な値段で楽しもう!

沖縄日本酒_赤武

季節限定酒も90mlから注文できます

日本酒に力を入れているだけあり幅広いラインナップ。定番の日本酒は60ml、90ml、180mlの中から好きなサイズを注文できるのも嬉しいです。季節限定酒は90mlから注文可能で、日本酒の飲み比べにぴったりなお店です。

日本酒おつまみ_牛すじ煮込み

1人前350円〜とろとろ牛すじ煮込み

鶏ガラで出汁を取っているおでんの中から「とろとろ牛すじ煮込み」を注文。ほっこりする優しい味付けの出汁と、とろとろに煮込まれた牛すじが堪りません!この出汁と日本酒を合わせても美味しいですよ。

久茂地日本酒エビス
【住所】沖縄県那覇市久茂地2-1-1 第一比嘉ビル 1F
【電話番号】098-862-5501
【Instagram】公式アカウント

ワーケーション2日目〜3日目:仕事DAY!夜は日本酒Night

ワーケーション

今回は国際通り付近の民泊を利用したので、コワーキングスペースは那覇エリアで探しました。

おすすめ!那覇のコワーキングスペース「howliveタイムスビル店」

沖縄のワーケーションスポット

Source of photo : 公式 Web site

沖縄県内4カ所で展開しているコワーキングスペースhowlive。那覇周辺では、ゆいレールの「県庁前」すぐにあるhowliveタイムスビル店が利用しやすいとおもいます。ドロップインは¥1,000〜/1h、落ち着いた環境で仕事に取り組める場所です。クレジットカード会社と連携していたり、ワーケーションプランもあるので長期で利用するとお得ですよ。

Source of photo : 公式 Web site

howliveタイムスビル店の魅力は集中できるコワーキングスペースと、抜群のアクセス環境です。那覇の中心に位置するため、お昼ごはんにローカルの食堂や地元の人気店に行くことも出来ます。

沖縄ワーケーション_沖縄そば

お昼休みに食べたEIBUNの「沖縄そば」

howlive タイムスビル店
【住所】沖縄県那覇市久茂地2-2-2タイムスビル2F
【電話番号】098-894-8124
【HP】公式HP

仕事が終わったら酒場へ繰り出そう!「でんすけ商店サンライズ」

沖縄日本酒_でんすけ商店

遊び心が沢山詰まった店内は懐かしさ漂う昭和レトロの雰囲気!開放感のある外でも楽しめます。

沖縄日本酒_でんすけ商店

セルフ日本酒!飲み過ぎには気を付けて!

沖縄日本酒_でんすけ商店

店内の日本酒セルフコーナー

メインの日本酒は季節や入荷状況にあわせて随時入れ替え。いつ来ても新しい種類の日本酒と出会えるかも?初めて見る銘柄でも、瓶に貼ったシールの色でおおまかに分かるようになっています。味の好み・お料理に合わせて色々楽しんでみてください!

でんすけ商店はセルフで日本酒を楽しむシステム。こまめに水分補給をしながら飲み過ぎには注意しましょう!

やっと出会えた!沖縄の地酒「黎明」

沖縄の酒蔵が造る日本酒「黎明」。スッキリした辛口の味わいは、こってりした沖縄料理と相性が良さそうです。海鮮と一緒に食べても◎

沖縄日本酒_でんすけ商店

1杯400円〜全国の日本酒を楽しめます!

でんすけ商店サンライズ
【住所】沖縄県那覇市牧志3-4-8
【電話番号】098-917-4477
【HP】公式HP

おしゃれに日本酒を楽しもう!「Kahu-si カフーシ」

日本酒bar カフーシ

落ち着いた雰囲気の店内

国際通りから牧志公設市場への一本道、浮島通りにある「kahu-si カフーシ」。日本酒だけでなくワインやクラフトビールを飲める醸造酒バー。ランチ営業ではこだわりカレーが人気。どことなく店内がエスニックな雰囲気に包まれている、おしゃれで落ち着いた空間です。

ソムリエと唎酒師が厳選した日本酒「大山」

日本酒bar カフーシ

名護のプレミアムクラフトビール「75BEER」

カフーシ Kahu-si
【住所】沖那覇市松尾2-11-25
【電話番号】098-861-5855
【HP】公式HP

ワーケーション4日目:思いっきり観光しましょう!沖縄唯一の酒蔵へ

沖縄唯一の酒蔵「泰石酒造」へ

今回のワーケーションでは沖縄唯一の酒蔵「泰石酒造」へ訪問。普段は一般公開されていない酒蔵を見学し、日本酒造りにかける蔵元の熱い思いをインタビューしてきました。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

日本酒好きなら一度は飲んでみたい沖縄産の日本酒「黎明」。 一般的に酒蔵の多くは、温度管理がしやすく菌の繁殖がしにくい、12月~3月の寒い冬の時期に日本酒を醸造しています。沖縄は冬でも平均気温15℃〜20℃。また酒米を栽培している農家も本州に集中しています。このような条件を見ると日本酒造りには厳しい環境の沖縄。どのように沖縄で日本酒造りをしているかとても気になります。 さて、今回そんな疑問を解消すべく訪れた場所は、沖縄県で50年以上に渡り日本酒を造り続けている泰石酒造。全国各地に点在する1500以上の酒蔵の中で最南端の場所に酒蔵を構えています。 日本酒造りには厳しい条件が揃う中、創意工夫を凝らした沖縄ならではの日本酒造りを見学してきました! 琉球政府時代に始まったお酒造り 1952年創業の泰石酒造。創業当時の沖縄はアメリカ統治下の琉球政府時代。泰石酒造がある「沖縄県うるま市」は沖縄県で一番サ…

泰石酒造の日本酒は沖縄料理との相性が良いスッキリした辛口の日本酒です。沖縄で地酒を堪能してみてはいかがでしょうか。

泰石酒造
【住所】沖縄県うるま市平良川90
【電話番号】098-973-3211
【HP】公式HP

沖縄で観光するならここでしょ!「沖縄美ら海水族館」

沖縄ワーケーション_美ら海

世界最大級の水槽にジンベエザメとマンタが泳ぐ「沖縄美ら海水族館」。初めての沖縄旅行では外せない観光スポット。サンゴ礁の浅瀬から神秘的な深海まで再現した世界最大級の水槽を持つ水族館です。迫力満点の最大級の水槽はインスタ映えスポットとして人気ですが、魚が泳ぐ姿を眺めているだけで心が癒やされます。

沖縄美ら海水族館
【住所】沖縄県国頭郡本部町石川424
【電話番号】098-048-3748
【HP】公式HP

沖縄随一の人気ストリート!「国際通り」

沖縄の国際通り

那覇市にある沖縄屈指の観光地「国際通り」。沖縄本島の玄関口「那覇空港」からのアクセスの良さも人気の理由です。県庁前から続く1.6kmの道のりにお店が軒を連ね、お土産を購入するには最適な観光地です。国際通りだけでなく周辺の公設市場や浮島通りへ行けば沖縄のローカル雰囲気を楽しむこともできます。

国際通り
【場所】県庁北口交差点から安里三叉路にかけての約1.6kmの通り
【HP】公式HP

サンセットビーチ

サンセットビーチ

若者達でにぎわう北谷町の「サンセットビーチ」。近年再開発が進み周辺には大型のショッピングセンター、映画館や観覧車もあり休日は大勢の人が訪れます。毎年夏には花火大会の会場として、最近では恋人たちの定番デートスポットになってきている観光地です。

サンセットビーチ
【住所】沖縄県中頭郡北谷町美浜2
【電話番号】098-936-8273(サンセットビーチ管理棟)

たまにはクラフトビールもいかがでしょうか?「浮島ブルーイング」

沖縄のビールと言えばオリオンビールですが、那覇市内でクラフトビールを醸造している「浮島ブルーイング」もおすすめ。マイクロブルワリーと呼ばれる小規模な醸造所ですが、常時10種類上のビールを醸造しています。工場直送の直営店は那覇の公設市場付近にあり、常時8種類のクラフトビールをタップで飲めますよ!

浮島ブルーイング

那覇のクラフトビール「浮島ブルーイング」

浮島ブルーイング
【住所】沖縄県那覇市牧志3-3-1 水上店舗第二街区 3F
【電話番号】098-894-2636
【HP】公式HP

ワーケーション5日目:名残惜しい!行きたかった日本酒スポット

あっという間に過ぎ去った4泊5日の沖縄ワーケーション。最後に今回は時間の都合で行けなかった那覇周辺の日本酒スポットを紹介します。

沖縄で角打ち!日本酒販売&バー「酒まる/SAKEmaru」

沖縄_酒丸

Source of photo : 公式Facebook

日本酒だけでなく、国産クラフトビールの販売とバーを兼ね備えた「酒まる/SAKEmaru」。

J.S.A SAKE Diplomaとワインエキスパートの資格を持つオーナー夫婦が、実際に飲んでおすすめしたいお酒を全国から取り寄せています。お酒の販売スペースとバーを備えているので「角打ち」に近い感覚ですね。

落ち着いた雰囲気でお酒を楽しみたい、お一人様・少人数の方も大歓迎のようです。今回本当に行きたかった!酒販店だから出来る品揃えは魅力的ですね。

酒まる/SAKEmaru
【住所】沖縄県那覇市安里387−14 レジデンス安里 2F
【電話番号】070-4805-9539
【HP】公式HP

杉玉がお出迎え!「きち屋」

沖縄の日本酒居酒屋_きち屋

Source of photo:食べログ

国際通りから一本裏通りの久茂地で人気店の日本酒居酒屋。沖縄の友人におすすめされ、実は今回訪問できることを楽しにみしていたのですが。。全国各地から取り揃えた日本酒はもちろんのこと、一品料理やお刺身が美味しそうなお店です。

きち屋
【住所】沖縄県那覇市久茂地3丁目5−7
【電話番号】098-868-7601
【HP】公式HP

Writer

本間倫人
運営、企画全般を担当しています! SYULIPでは日本酒をもっと手軽に知れるコンテンツを発信し、日本酒をきっかけに直接的な社会貢献活動もスタートしています。 日本の伝統文化であり、世界で注目されている「SAKE」を通じ地域や国境越え皆さんと楽しいひとときを共有していきたいです。


RANKING

人気の記事

人気の記事