2021年06月27日

日本酒を飲みながら痩せよう!NOMIYASE目線でおいしく夏酒を楽しみましょう!

Writer

石川 奈津紀
仙台市出身でNHK山形、NHK仙台でキャスターを務めたのち2018年から東京でフリーアナウンサーとして活動。現在はBSテレビ東京の朝の番組「日経モーニングプラスFT」に出演中。 日本酒を健康的に楽しみ、飲みながら痩せる「NOMIYASE」をSNSを中心に発信している。唎酒師。ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。

「お酒を飲みたい!けど、痩せたい!」 「健康においしくお酒を楽しみたい!」誰もが一度は思ったことがあるはず。。

こんにちは!お酒を飲みながら痩せる「NOMIYASE」の活動をしている石川奈津紀です。今回はお酒を飲むときにどんなものを食べたら太らないか、また外食時でも迷わないおつまみ選びのポイントを伝授!

さいごには、今が旬の「夏酒」と「NOMIYASEつまみ」のペアリングも紹介しています。それでは健康的に日本酒を楽しみましょう!

太る原因は日本酒ではなく食べ物

実は、以前SYULIP編集部さんとの対談でお話したように、お酒を飲むから太るのではなく、お酒を飲みながら「糖質」や「脂質」をたくさん摂るから太るんです。

※細かく言えば、糖質+食物繊維=炭水化物なのですが、ここでは、ざっくりと「糖質≒炭水化物」として説明します。

健康的なお酒の飲み方を解説しています!気になる方はコチラから

日本酒に限らずみんなが気になるお酒の疑問「日本酒を飲むとやっぱり太るの…?」 できることなら美味しい料理を食べながら大好きな日本酒を楽しみたい!そんな気持ちを抱いている人は多いはず。 そこで今回この疑問を解消すべく日本酒を飲みながら痩せる「NOMIYASE」の活動している唎酒師アナウンサー石川奈津紀さんへインタビュー。「NOMIYASE」を実践し理想の身体を手に入れましょう! 唎酒師アナウンサー石川奈津紀さん 石川奈津紀さん 仙台市出身でNHK山形、NHK仙台でキャスターを務めたのち2018年から東京でフリーアナウンサーとして活動。 日本酒を健康的に楽しみ、飲みながら痩せる「NOMIYASE」をSNSを中心に発信している。唎酒師。ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。 唎酒師アナウンサーとして日本酒の魅力を発信 唎酒師アナウンサーとして日本酒の魅力を発信している石…

お酒を飲むと、体内ではまずアルコールを分解しようとします。アルコールを分解している間は、身体の中では栄養分を代謝できないため、余分な糖や脂肪がいつまでも体外に出てくれません。

だからこそ、普段の食事以上に、お酒を飲むときには食べるものに気を付けるのが、太らないコツ!しっかり気を付ければ、お酒を飲みながら痩せることも可能です!

食べて痩せる!日本酒と合わせたいNOMIYASEつまみ

お酒を飲みながらも太らない、むしろ痩せる!?NOMIYASE(=飲み痩せ)という観点でおつまみを選べば怖くない!

今回は、お酒を飲むときにどんなものを食べたらいいのか、外食時でも迷わない、おつまみ選びのポイントをお伝えします。

押さえたいポイントは大きく2つ!

1.低脂質高タンパクのNOMIYASEつまみを選ぶ
2.カロリーの低い食材や調理法を選ぶ
この2つに気を付けるだけで、グンと脂質やカロリーをダウンできますよ!

低脂質高タンパクのNOMIYASEつまみで痩せる!

外食や外飲みが多い方もこれさえ覚えておけば安心。メニューの選び方によって、簡単にカロリーコントロールが可能です。

焼き鳥のおすすめ:塩&低脂質高タンパクな部位

痩せるおつまみ_焼き鳥

おすすめの部位:塩味のささみ、レバー、ハツ、砂肝、軟骨

みんな大好き焼き鳥。痩せる観点で選ぶなら、断然タレより塩!おいしいタレにはしっかり糖質が含まれるためです。

種類のおすすめは、ささみ、レバー、ハツ、砂肝、軟骨。レバーやハツはカロリーが低いだけでなく、鉄分やビタミンミネラルが豊富。それに、軟骨や砂肝は噛み応えがあるので、1本の満足感が非常に高いんです。

皮やぼんじり、せせりなどは脂が多いので、適量にしておきましょう。

魚料理のおすすめ:刺身、焼き魚

痩せるおつまみ_魚料理

白身魚のお刺身やタコ、イカなどは低カロリー、低脂質、高タンパクと3拍子そろっています。

居酒屋メニューにも多いお刺身は、たんぱく質が豊富なNOMIYASEメニュー。

脂ののったトロやサーモンは、たんぱく質は豊富ですが脂質も高いので、食べ過ぎは太る原因に!

お寿司の選び方も同様。シャリの量に気を付ければ、食べても問題ありません。

それから、わたしがよく注文するのはほっけ、鮭、鯖などの焼き魚。場合によっては刺身よりもカロリーが低い魚もあるんです。というのも、網で焼くことによって余分な脂が落ちるため。

炭水化物のおすすめ:そば

痩せるおつまみ_そば

控えるのがベスト!ではありますが、お酒を飲むと食べたくなってしまうもの。ラーメンやチャーハンなどは脂質と糖質がたっぷりなので、できれば避けたいですね。

代わりにおすすめなのは「そば」。カロリーだけで見るとうどんの方が低いのですが、そばにはNOMIYASEポイントが。

そばのNOMIYASEポイント

たんぱく質が豊富で、ビタミンミネラル、食物繊維も含まれるため、〆に少し食べるくらいなら問題ありません。できれば半人前くらいにしておきましょう。そば粉の割合が高いものだと特におすすめ。

ほかにも、以前おすすめした糖質0g麺を使ったレシピもいいですね。

痩せる日本酒おつまみ_うどん

糖質0g麺を使用した〆メニュー!

前回の対談では日本酒を飲みながら痩せる「NOMIYASE」の活動をしている唎酒師アナウンサー石川奈津紀さんへ突撃インタビュー!健康的な日本酒の楽しみ方を教えてもらいました。 日本酒の飲酒量に気を付けることも大切ですが、太る原因はやっぱり「おつまみ」。今回は石川さんおすすめの「NOMIYASEおつまみ」3品を作って頂き、実食レポートをお届けします。 ■前回の記事 https://syulip.com/question/nomiyase/ 唎酒師アナウンサー石川奈津紀さん 石川奈津紀さん 仙台市出身でNHK山形、NHK仙台でキャスターを務めたのち2018年から東京でフリーアナウンサーとして活動。現在はBSテレビ東京の朝の番組「日経モーニングプラスFT」に出演中。 日本酒を健康的に楽しみ、飲みながら痩せる「NOMIYASE」をSNSを中心に発信している。唎酒師。ダイエットプロフ…

おつまみ選びに迷った時のポイント

ほかにも、低カロリーなおつまみ選びに迷ったときは、ぜひ調理法に着目してみてください。

調理法のポイント

魚料理なら一般に、フライ>煮つけ>刺身>焼き魚というように、刺身よりも網で焼いたほうが脂が落ちてヘルシーになります。ほかの料理でも、例えば野菜と豚肉を油で炒めるより、せいろ蒸しにした方が脂身が落ち低カロリーです。

すぐ出るおつまみもおすすめ!

また、「すぐにお出しできます」「スピードメニュー」と書いてあるものもおすすめ。例えば、冷やしトマトやたたきキュウリ、冷奴や枝豆、漬物などといったメニューは低カロリーです。

注文してすぐに出てくるので、ぜひ乾杯とともに少量食べつつお酒を飲むようにしてみてください。アルコールの吸収がゆっくりになるので、身体にもやさしいです。

カロリーの低い食材や低脂質高タンパクで痩せる!

おうち飲みで自分でおつまみを作る場合、食材を選ぶときに気を付けたいのは「低脂質高タンパク」な食材を選ぶこと。

痩せるおつまみ

おすすめ!太りづらいおつまみ

低脂質高タンパク、というと、鶏の胸肉やささみ、赤身肉は当たり前、だと思うのですが…シーフードミックスや、カニ風味かまぼこ、ちくわなどの練りものもおすすめ。タラなどの白身魚も、脂質が低くたんぱく質が豊富です。

痩せるおつまみ_シーフードミックス

シーフードミックス

コンビニでおつまみを買う場合でも大丈夫。いわゆる乾きものと言われるほたての貝ひもなどは、低糖質でたんぱく質たっぷり。

痩せるおつまみ_乾き物

コンビニで手軽に買える「乾きもの」

ほかにも、缶詰コーナーのノンオイルツナや、焼き鳥の缶詰などはとても優秀なんです。特にノンオイルのツナは1缶あたりたんぱく質が10g以上、脂質0.3g、糖質0.2gとは驚き!

痩せるおつまみ_缶詰

缶詰を上手に活用しましょう!

低脂質高タンパクなおつまみの成分表

商品名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
シーフードミックス
(100g)
42kcal 9.3g 0.4g 0.4g
カニ風味かまぼこ
(112g=2パック)
117kcal 11.2g 1.7g 14.2g
ノンオイルツナ
(1缶70g)
53kcal 12.5g 0.3g 0.2g
やきとり缶
(1缶75g)
142kcal 14.3g 9.2g 0.4g
ほたて貝ひも
(1袋18g)
64kcal 6.8g 0.1g 8.9g
パリパリこいわし
うま塩味(1袋12g)
51kcal 8.4g 1.8g 0.2g

(それぞれの成分表より抜粋して作成)

たんぱく質と糖質は1gあたり4kcal、脂質は1gあたり9kcal。脂質はたんぱく質、糖質と比べて2倍以上のカロリーがあるので、脂質を控えることで大幅なカロリーカットに繋がるんです。

成分をしっかり見て選ぶことで食べても、飲んでも、痩せることができますよ。

NOMIYASEつまみをご紹介!

痩せるおつまみ

お家飲みのNOMIYASE献立

ポテトサラダ(マヨ控えめ)、レンジでピーマンを丸ごとチン、塩昆布キャベツ、だし巻き玉子、鶏胸つくね、ふきのとう味噌、豆腐キムチ。(左下から時計回り)。

ちなみに、普段のおうち飲みではこのような献立。豪華に見えますが、盛り付けただけ、切って混ぜただけ、和えただけがほとんど。前回紹介したつくねも入っています。…といっても、この日はかなり気合が入っていますね。

器選びや彩りを意識するだけで、見た目も華やかになります。視覚での満足度をあげるのもポイントです!

夏にぴったり!おすすめ日本酒×NOMIYASEつまみ

夏酒と痩せるおつまみ

おすすめ夏酒「山川光男 なつ 2021」

Source of photo : 公式 Web site

今回チョイスしたのは、「山川光男 なつ 2021」。山形県内4つの蔵が結成したユニットが醸す日本酒です。

山形正宗、楯野川、東光、男山から1文字ずつとって「山川光男」…なのですが、「おもしろいことをしたい」という造り手の想いから今回はパッケージが豚に!山形県庄内地方のブランド豚「庄内豚」に合うお酒を目指したそう。

NOMIYASEつまみ:山形の「だし」

痩せるおつまみ_山形の出汁

山形の郷土料理「だし」

今回の夏酒に合わせたのは、山形の郷土料理「だし」。きゅうり、みょうが、大葉、ナスを5ミリ角に刻んで、納豆昆布(がごめ昆布)と混ぜるだけ。醤油や麺つゆで味付けしてみてください。

痩せるおつまみ_山形の出汁

おつまみの材料

ペアリングのポイント

お酒はたしかに、じゅわっとした豚肉の脂の旨味に負けない味わいですが、あえて豚ではないものと合わせてみました。角切りにした野菜の、ジューシーさと自然な甘さが冷やした山川光男とピッタリ!だしを味わったあと、冷酒でいただきます。

野菜のフルーティーさとまとまり、がごめ昆布由来のだしの旨味とマッチして、お酒の味わいも深まります。まるで口のなかでだし割にしている感覚…!お酒単体で飲むよりも口当たりのまろやかさが増して、すいすい飲めてしまいます。
「山形のだし」のおすすめポイント

この「山形のだし」をおすすめしたのは、驚くほど野菜がするするとれるため。地元山形では、夏にはボウル一杯に作って食べます。(あっという間になくなりますが…)

ビタミンやミネラルが摂れるほか、夏野菜には身体を冷やす効果があるのでこの時期にピッタリ。お酒だけでなく、栄養も、水分もしっかりとって、夏酒を楽しみましょう!

Writer

石川 奈津紀
仙台市出身でNHK山形、NHK仙台でキャスターを務めたのち2018年から東京でフリーアナウンサーとして活動。現在はBSテレビ東京の朝の番組「日経モーニングプラスFT」に出演中。 日本酒を健康的に楽しみ、飲みながら痩せる「NOMIYASE」をSNSを中心に発信している。唎酒師。ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。


RANKING

人気の記事

人気の記事