2021年11月25日

冬なら熱燗!初心者から上級者まで!おすすめ熱燗キット5選!

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。 日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。

秋が終わりをむかえ、全国の酒蔵では日本酒の仕込みが本格化してきました。こたつを囲みながら鍋が美味しい季節ですね。

今回はお家で熱燗を楽しむ「おすすめ熱燗キット5選」をご紹介!これであなたも熱燗マスター!

冬に熱燗がおすすめの理由

熱燗

気温がぐっと冷える冬の時期。お料理も鍋や煮物など温かい物を食べる機会が多いと思います。

日本酒は他のお酒に比べ、冷やしても、温めても美味しいのが魅力の一つです。特に冬の寒い時期はぜひ日本酒を温め、熱燗で楽しんでみてください。

熱燗で日本酒を楽しもう「ぬる燗と熱燗」

日本酒を温めて飲むことを熱燗と呼びます。さらに温度によって熱燗を6つに分類することができ、それぞれの温度によって日本酒の味わいも変化してきます。

6つの分類の中でぬる燗と熱燗だけでも知っておくと、温度による味わいの変化を楽しむことができますよ。

ぬる燗(ぬるかん)【約40℃】

状態:飲んだ時にぬるいと感じる温度。
特徴:お米の良い香りが楽しめ、さらりとした味わいです。

熱燗(あつかん)【約50℃】

状態:お酒の容器から湯気が立ち、容器やおちょこを持つと熱く感じます。
特徴:お酒の香りが鋭くなり、切れ味の良い辛口の日本酒になります。

熱燗を楽しもう!初級編

熱燗_電子レンジ

電子レンジで日本酒をあたためよう!

まずご紹介するのは電子レンジを使ってお酒を温める方法です。電子レンジを使用することで、簡単に熱燗を楽しむ事ができます。

ただし、温度のムラができるのでスプーンやマドラーを使って日本酒をひとかきすることをお忘れなく。

ぬる燗(ぬるかん)【約40℃】

・日本酒の分量 1合(180ml)
(常温から) 500Wで約50秒
(冷えた状態から) 500Wで約70秒

熱燗(あつかん)【約50℃】

・日本酒の分量 1合(180ml)
(常温から) 500Wで約60秒
(冷えた状態から) 500Wで約80秒
上記の温める時間は目安です。お家飲みの楽しみは自由に自分の好きなようにお酒を温められること。ご自身の好きな温度帯をぜひ発見してみてください!

熱燗おすすめキット①「ON℃ZONE 飲みごこちとっくり」

画像引用元:Amazon

ON℃ZONE 飲みごこちとっくりおすすめポイント

  • ステンレス二重構造で、飲みごろ温度を保ちます。
  • ガラス瓶は電子レンジ対応なので簡単に熱燗を楽しめますよ!
  • ステンレス外瓶やお猪口の外側に熱を通さないので熱燗を入れても熱くなりません。


※「ON℃ZONE 飲みごこちとっくり」を使ってみました!気になる方はこちらからご確認ください。

日本酒についてお酒の先生に教えてもらう特集!今回のテーマは「モテる男の秋酒!」 前回は秋の日本酒の座学と、季節によるお酒の楽しみ方を学びました。今回は3種類の秋の日本酒をテイスティングしながら、お家で楽しめる簡単おつまみを紹介します。 岸本 アサノ先生!前回に引き続きよろしくお願いします。 アサノさん こちらこそよろしく!秋のお酒について理解が深まったところで、テイスティングとそれぞれ持ち寄ったおつまみを楽しみましょう♪ 岸本 はい!今日はお酒に飲まれませんよ! 秋の日本酒について詳しくなろう!前回の記事はこちらから https://syulip.com/drink-fun/lesson5/ 3種類の秋の日本酒を用意!まずはテイスティング! それでは秋のお酒について学んだ後は、それぞれ持ってきたお酒を飲んでみましょう。お家飲みをより楽しむべく!お酒に合いそうなおつまみも要チェックです。 甲…

熱燗を楽しもう!中級編

熱燗_湯煎

湯煎で日本酒をあたためよう!

続いて紹介する熱燗の楽しみ方は、昔ながらのお湯につけてお酒を温める方法。電子レンジに比べ少し手間がかかりますが、雰囲気を演出できる熱燗の作り方です。

熱湯に短時間徳利をつけよう!

日本酒を湯煎するときに気をつけたいポイントは、火をつけた状態で温めないことです。

これはある一定の温度を超えると一気に日本酒の温度が上がるのを防ぐためです。そのため、まずは鍋のお湯が沸騰したら火を止めましょう。火を止めた状態で、日本酒を入れた徳利を入れお湯につけます。

ぬる燗なら2分半、熱燗(あつ燗)なら3分が目安です。

オススメキット②「ちろり」

熱燗_ちろり

「ちろり」とは、日本酒を温めるときに使う酒器のこと。銅や錫など金属製のコップに取っ手と注ぎ口がついていて、お酒を注いでお湯に入れて温めることができます。

お家用「ちろり」ならアルミ製がオススメ

自宅で気軽に使うなら、アルミ製の「ちろり」がおススメです。1,000円前後から購入できるコストパフォーマンスの高さが魅力で、お家で居酒屋気分を味わえます。キャンプなどにも便利ですよ。

オススメキット③「お燗器 IKKON」

保温器にお湯を入れ、ちろりをセットするだけで、手軽に燗酒ができます。洗練されたシンプルなデザインのため、自宅用や贈答品としても重宝しそうな酒燗器。

ちなみに!!

IKKONの他にも様々なお燗器がありますので、お気に入りの一品が見つかるといいですね。

初台の「てんてんてん」さんで発見した
とっても可愛らしい酒燗器

今回は、都内でカップ酒を提供しているお店をご紹介します。おうちでゆっくり楽しむのもいいですが、いつもとは違う雰囲気や自分では作れないおつまみと一緒に飲むカップ酒はさらに美味しく感じますよね! 幡ヶ谷「てんてんてん」 幡ヶ谷駅から徒歩6分「ほっとできる晩酌処」 目印はオレンジ色の看板!お店は2階です 2019年6月にオープンしたお店で、北口の6号坂商店街の中にあります。「てんてんてん」という店名は「…」という記号が由来となっていて、”余韻を感じるお店でありたい”という、ご店主・有美子さんの想いが込められています。 階段を登った2階は「カップ酒の聖地」 清潔感あふれる店内 もともと新宿にあったお店を閉め、現在は幡ヶ谷と初台の2店舗で営業中。ランチタイムは焼き魚や豚の角煮などの定食を提供しているほか、お惣菜などのテイクアウトも販売しています。地元のお客さんを中心に、女性おひとり…

熱燗を極めよう!上級編

熱燗専用キットを買って熱燗を極めてみましょう!まずは居酒屋でも見かけることが多い「かんすけ」から紹介!

オススメキット④「電気式燗どうこ・かんすけ」

画像引用元:Amazon

ここまで揃えたら本格的に小料理屋が開きたくなりそうな、電気式の燗酒用湯沸かし器。一定温度にお湯を保ってくれるので、お燗をつけるのがとっても楽ちんです。

ダイヤルでお好みの温度を調節でき、お湯でじっくりお酒を温めるのでお酒がまろやかです。

オススメキット⑤「クラウドファンディングで話題の酒燗器」

画像引用元:Makuake

誰でも簡単に使える敷居の低さと、プロが認める燗という相反する2つを叶え、燗酒をもっと身近に、手軽に楽しんで欲しいという想いから誕生した、酒燗器「かんまかせ」。

かんまかせは、5段階の自動温度設定でむずかしい繊細な温度管理も簡単にでき、お家で簡単にプロの燗をつけられます。プロが認める熱燗を実現するため、神亀酒造が監修をし販売された製品です。

番外編!アウトドアでも熱燗が美味しい!

キャンプに持っていきたい熱燗キット

画像引用元:Amazon

アウトドアにぴったりな2人用の熱燗セット。燗ポットをちろりとして使ったり、燗ポットに徳利をセットしてグリルで温めたりして、熱燗を楽しむことができます。秋冬のキャンプに手放せないアイテムです!

Writer

SYULIP編集部
こんにちは、日本酒に関する情報を発信しているSYULIPです。 日本酒好きメンバーが新しい日本酒の楽しみ方を配信しています。配信する記事はインタビューや自らの体験をベースに一つ一つの丁寧に制作しております。


RANKING

人気の記事

人気の記事