2021年11月11日

初心者や女性も楽しめる!浜松町の”ネオ角打ち”「浅野日本酒店」

Writer

石川 奈津紀
仙台市出身でNHK山形、NHK仙台でキャスターを務めたのち2018年から東京でフリーアナウンサーとして活動。現在はBSテレビ東京の朝の番組「日経モーニングプラスFT」に出演中。 日本酒を健康的に楽しみ、飲みながら痩せる「NOMIYASE」をSNSを中心に発信している。唎酒師。ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。

こんにちは!石川奈津紀です。普段はみんなでワイワイ飲むのも好きですが、1人で気が向いたときにふらっと飲みに行くのも大好き。

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

ただ、ひとりで飲むとなると、なかなかはじめは勇気がでないもの。ということで今日は、そんな1人飲み初心者におすすめの角打ちスポットを紹介します。

日本酒角打ちできるお店を探そう!

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

そもそも角打ち(かくうち)とは?
もともとは升の角に口をつけてお酒を飲むことを言いましたが、いまは「酒店の一角でお酒を飲むこと」またはお酒を飲める酒屋さんをあらわします。基本的に酒屋がベースであり「お酒が飲める&買えるお店」ということですね。

※SYULIPでも過去に角打ちできるお店をご紹介しています。

居酒屋で大勢で飲んでも美味しい日本酒ですが、「立ち飲み」や「角打ち」がじわじわと若者の間で最近流行っているらしい。そんな情報を聞きつけ、実際に行ってきました!まずは飲兵衛の聖地「北千住」周辺を調査し、日本酒を楽しめる3つのお店へ訪問! 立ち飲み&角打ちってハードルが高いと思っているあなた!その一歩を超えるだけでとっても楽しい世界が広がってますよ。 こんにちは!SYULIP編集部の本間です。 立ち飲みや角打ちに行く機会が少なかったですが、この特集をきっかけに絶賛ハマり中です!都内を中心に素敵なお店を紹介していきますね! 南千住の角打ち「角打モリタヤ」 店主が倉庫の一部を改造して、手作りで作り上げた角打ちスペース。最大8人程度が入れるアットホームな角打ちスタイルです。昔はお店の一角にありましたが、15年程前から落ち着いてお酒を楽しめるスペースが作られたそうです。昭和にタイムスリップしたような店…

ちょっと1杯という酒屋さんもあれば、お酒もおつまみもしっかり楽しめるお店など、角打ちのかたちもいろいろ。

おしゃれで気軽に立ち飲みを楽しめる「ネオ角打ち」ということばも生まれているんです。

石川

今回は、わたくし石川が「女性&初心者も入りやすいお店」という独自目線で、ネオ角打ちスポットを探してきましたよ!

浅野日本酒店 HAMAMATSUCHO へGO!

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

今回伺ったのは、JR浜松町駅と地下鉄大門駅から歩いて3分ほどのところにある「浅野日本酒店HAMAMATSUCHO」です。

浅野日本酒店HAMAMATSUCHO
【住所】〒105-0013 東京都港区浜松町2-11-16 稲葉ビル1F
【営業時間】月~金12:00-22:00(LO21:40) 土日祝12:00-20:00(LO19:40)
【HP】公式サイト
【Twitter】@HAMAMATSUCHO3
【Instagram】asanonihonshuten_hamamatsucho

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO_店内

石川

入ってみると、店内は明るくて広く、解放感があっておしゃれ。これは、はじめてでも入りやすい!

ここがスゴイ!浅野日本酒店

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO_窓アート

店長の大森 慎(おおもり・まこと)さん

大森店長

・新潟県出身 新潟清酒達人検定「金の達人」、唎酒師
・日本酒イベントやツーリズムの運営、2015年燗酒コンクール審査員なども行う
大森店長
大森さん

100種の日本酒とうたっていますが、130種以上は常時おいていますね。浅野日本酒店の特長は「買えるし、飲める」という点。また、純米酒の四合瓶専門店であり、テイスティングバーを併設しています。

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO_店内冷蔵庫

言われてみれば、店内の冷蔵庫には四合瓶がずらりと並び、一升瓶はひとつも見当たりません。仕事帰りに買って電車に乗ることを考えると、これはうれしい!

浅野日本酒店では、基本的に飲んだお酒や食べたおつまみは全て買うことができ、売っているものはほぼ全て角打ちできます。ただ!浅野日本酒店がスゴイのはそこだけじゃないんです。お店を楽しむポイントを、3つ伺いました。

特長①飲み比べセットやお得に飲める時間も

日本酒飲み比べ_角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

お酒3杯とおつまみ付きで720円
(平日18時、土日祝16時まで)

大半のお客さんが注文するのが週替わりの飲み比べセット。平日は18時まで、土日祝は16時までお得に楽しめます!

飲み比べセットは、毎週ひとつの酒蔵さんを特集して出しているということで、取材に伺った週は、東京・青梅市にある小澤酒造の飲み比べフェアが開催中でした。

大森店長
大森さん

私が直接蔵に行って、飲み比べでお出しするお酒を選んできました。蔵によっては、「秘密のお酒、なにかないですか?」と交渉して浅野日本酒店イベントフェアのためだけの”コラボ酒”をお出しすることもあります。

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHOイベント情報

フェアの予定は、外から見えるように掲示しているほか、SNSでの発信もしています。

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO黒板メニュー

また、店長イチオシはおまかせの飲み比べ。こちらもなんと、おつまみ付きで1300円というお得さ!

日本酒飲み比べ_角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

コロナ禍で角打ち営業ができず、お客さんに飲んでもらえるのを冷蔵庫で心待ちにしていたお酒たちだそうです。

大森店長
大森さん

我ながらお得ですよね。自分でもあったら注文したいくらい。その日によってもスタッフによってもチョイスが違うので、何がでてくるかはお楽しみ。新しいお酒との良い出会いがありますように!

特長②「日本酒をコーヒーのように気軽に」カフェのような空間

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO_店内カウンター

うれしいのが卓上コンセント&Wi-Fi完備!荷物用のフックまである!角打ちでここまで設備が整っていると、カフェに来たのかと錯覚してしまうほど。

あまりの居心地のよさからか、パソコンを開いて、飲みながらオンラインミーティングをする猛者もいるのだとか!

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO_店内入口

入口にある「日本酒をコーヒーのように気軽に」という文字。気軽に入ってほしいという想いが感じられます。

港醸造の日本酒

お酒の提供も30ml×3種、45mlずつなど、量が少ないのもちょうどいい。これなら量を飲めなくても気軽に楽しめます。

特長③リピーターさんもウェルカムな工夫

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO_ガチャガチャ

何度でも足を運びたくなる工夫は、お酒のラインナップだけじゃありません。スタンプカードがたまると回せる、ハズレなしのガチャガチャ。

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO_溜まりやすいスタンプカード

お酒の購入または角打ち利用で、初めての方にはスタンプを2つ押して渡してくれます。

3つ集めると、お店にあるガチャガチャができたり、お酒をサービスしてもらえたりと、わくわくする仕掛けがあるんです。…ということは、2回いけばもうお得!?これはいかなければ!という気にさせられてしまいますね。

「女性が入りやすいお店」に

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

大森店長
大森さん

来店される方の男女比は半々くらい。おひとりさまでいらっしゃる女性も多いので、⼥性が⼊りやすいお店づくりを心がけています。スタッフも女性が多いので、気軽に足を踏み入れてみてください。

店長自作の杉玉

店長自作の杉玉が出迎えてくれる

蔵元来店、まさかの嬉しい展開に!?

大森店長と話しながらお酒を楽しんでいると、そこにあらわれたのが澤乃井で有名な東京・青梅にある小澤酒造23代目当主・小澤幹夫さん!

浅野日本酒店_浜松町

ちょうど取材で伺った週のフェアが小澤酒造ということで、お店にいらっしゃったそう。お酒を楽しんでいたお客さんひとりひとりにご挨拶し、澤乃井のお酒について丁寧に説明していました。

蔵元と会える角打ちなんて、斬新すぎる…!ご挨拶したあと、蔵見学をしたい旨を当主に直接お伝えすると、嬉しいことにご快諾いただきました!

石川

びっくりですがまさかのうれしい展開。ということで、次回は東京・小澤酒造へ蔵見学の旅(タイトル仮)をお送りします!

決定!次回は蔵見学へ

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

ということで、浅野日本酒店HAMAMATSUCHOで小澤酒造のお酒の飲み比べを楽しんでいたら、次回は酒蔵見学へ行けることになりました。大森店長、お忙しい中ありがとうございました!

角打ちできる浅野日本酒店HAMAMATSUCHO

石川

想像以上に新しい角打ちスタイルに驚き。これは通うこと間違いなしです。大森店長はじめスタッフのみなさんが気さくに話しかけてくれるので、初心者はもちろんのこと、日本酒好きの方もぜひ足を運んでみてください!

Writer

石川 奈津紀
仙台市出身でNHK山形、NHK仙台でキャスターを務めたのち2018年から東京でフリーアナウンサーとして活動。現在はBSテレビ東京の朝の番組「日経モーニングプラスFT」に出演中。 日本酒を健康的に楽しみ、飲みながら痩せる「NOMIYASE」をSNSを中心に発信している。唎酒師。ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。


RANKING

人気の記事

人気の記事